2番 黄石公と張子房

2枚目

今日のストーリー長いですよー。

身を隠している張子房(張良)
圯橋でみすぼらしい老人に出会います。
老人は張子房の才能を見抜き、試します。

わざと靴を脱ぎすて、
張子房に拾わせ履かせるよう命じます。

張子房は 何?と思いつつも年配の言うことなので怒りを抑え黙って従います。

「明日の朝xxに来い」(数日後の説も有り)
と言われ

翌朝約束の場所に行くと
すでに老人は来ていました。

「目上の者より遅く来るとは何事!」と

また「明日の朝xxに来い」

翌朝夜明けに行くと
やはり老人はすでに来ていました。

「明日の朝xxに来い」

夜明け前に行きますが
またも老人はすでに来ていました。

「明日の朝xxに来い」

前の晩から行って待っていると
しばらくして老人が現れ
兵法を授け

「後に、山の麓で黄色い石を見るだろう。
それがワシである。」と言い残しました。

後年、山の麓に老人の言葉通り
黄色い石があった。
という故事です。

詳細な話は
黄石公
WIKIなどでご参照くださいね。


人を見抜く眼光鋭い顔にしたつもり。

最初は自分で墨染めした薄い灰色の糸だけで髪や髭を刺したのですが、
遠目に見ると 布地の色が薄く ぼやけてしまうので
少しですが色の残った髪を追加しました

顔がスリムに見えますね。

内に野望を秘めた感じにしたつもり。

怒りを抑え沓を拾ったところ。

最初はこんな太い眉に濃いもみ上げだったんですけど
くどそうなので眉をスッキリと刺し直しました

2013.12.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています