スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

1番 林逋 - 梅妻鶴子

何とか年内に完成です。

1番 林逋です

宋の時代の詩人で
俗世を離れ 西湖のほとりに隱遁し

『妻の代わりに梅をめとり
子の代わりに鶴を育て暮らす』
という

風流な暮らしをした故事を表したものです

韓国刺繍博物館所蔵の遺物を
主に参考にしていますが、
この故事を表現した他の刺繍も参考にしています。
構図はほぼ同じなので、元絵があるのでしょう。




松竹梅に鶴と6枚の中で最も華やかです


机の上の本にこっそり
ハングルで『매(=梅)』と刺しました

庭の梅の木ももっと大事にしてあげなくちゃ~

2013.12.19 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

こんばんは☆
刺繍過程をずっと見てきたのにも関わらず、最初の画像を「巻物の絵かしら?」と勘違いしてしまいました。それだけ細かくて丁寧で、やはりななさんの刺繍はすごいですね!圧巻。お疲れ様です^^

2013/12/19 (木) 23:16:32 | URL | siesta #- [ 編集 ]

Re:

siestaさま
ありがとうございます
今回初めて(ブッダを除いて)人物に挑戦しました。
表情をつける最後の段階で何度も何度も
siestaさんの作品をまじまじと見ました。
いかにsiestaさんの作品が素晴らしいか改めて認識したところです!
siestaさんの作品に出会っていなかったら
人物を刺そうと思わなかったかもしれません。
感謝感謝です。

>こんばんは☆
>刺繍過程をずっと見てきたのにも関わらず、最初の画像を「巻物の絵かしら?」と勘違いしてしまいました。それだけ細かくて丁寧で、やはりななさんの刺繍はすごいですね!圧巻。お疲れ様です^^

2013/12/20 (金) 21:58:04 | URL | なな #MDMkRtpI [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。