スィム博物館

最高気温も零下。
ふと気づくと雪がまっています
ひょっこり時間ができて
師匠お勧めの博物館に行く時間ができました。


弘智門の前で

川を渡り坂を登ると

素敵にクリスマスデコレーションされたお宅。

個人宅が博物館になっています。
http://www.shuim.org/
スィム=お休み
つまりこの世での激務を終えてゆっくりとお休みになる場所を作られたのですね。

もともと収集されていた美術品(アンティーク/現代の時代に拘らず)
にお休み処を設えるために収集された品々が不思議なほどよく調和しています


展示ケースの天井に星が煌めいていたり
ピラミッド内の壁画に通じるようです。



写真撮影可ですが、私では上手くとれずすみません。
雑誌ORIENTAL IMAGE vol.32号に特集されています。
また、WOMAN chosun 最新号(12月号)にも少しですが取り上げられています。

時間のとれるかたは直接行かれるのをお薦めします
http://shuim.org/sub-01_03-address.htm

できれば、雪の日じゃないほうがいいですね。
あぁっと、すべってスマホカメラに
白いだけの地面が写ってました(^^;
しかも寒すぎてカメラ動かなくなり、
裏にホカロン貼り付けたら動きました(笑)

2013.12.15 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

私もここの博物館、大好きです♪
館長さんはいらっしゃいませんでしたか?
いらしたら、日本語ペラペラだからいろいろ説明してくださるんです。
旦那様が亡くなったのをきっかけに、この博物館を開いたそうです。
窓にかけてあったモシに韓服をつけたカーテンが素敵だなと思ったら、館長さんの手作りなんですって!?
ヘイリ芸術村で開かれたポジャギ展にも出品してらっしゃいましたよ。

2013/12/22 (日) 16:55:39 | URL | shiva #JalddpaA [ 編集 ]

Re:

なんでもよくご存知のshivaさま
そうですか、館長さまは日本語がおできになるのですね(^o^)
私もモシのカーテンに目が釘付けでした!!

ほかにも素敵なところぜひお教えくださいませ!

2013/12/31 (火) 22:48:05 | URL | なな #MDMkRtpI [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています