スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

先っちょピンクの小花の刺繍

新参者のガーベラは寒さに慣れてなくて
2859 
すぐにしょぼしょぼしてしまいました
がんばって冬を乗り切ってほしい
 
 
 2860

2012.01.13 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

こうして見させていただくと観察と刺繍が交互に行われて、色のついたただの糸に命が与えられていくのがわかります。
 もともとある刺繍の技術に、Kの庭からくる瑞々しさが刺繍に加わっていくんですね。

2012/01/14 (土) 10:47:57 | URL | miriyun #X.Av9vec [ 編集 ]

だんだん花園が賑やかになってきますね。
これは小パーツ用なのですか?
だったらなおさら、花園の段階でやはく見たいです~(*^_^*)

2012/01/14 (土) 12:38:30 | URL | yangja #3jOStg5c [ 編集 ]

Re: タイトルなし

miriyunさま
いつもありがとうございます
これは梅だの牡丹だの具体的な花ではないので配色のいい練習になります
次は何色にしようかと迷ったとき自然が答えをくれます
人間のつくるものは自然の美しさにかなわないんですけどねー

2012/01/14 (土) 22:56:36 | URL | なな #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yangjaさま
花園もいいですね~
先日青い蝶を拝見して蝶もいいな~と。蝶も加えようと思っています
さて、何にしましょうね?

2012/01/14 (土) 23:14:28 | URL | なな #- [ 編集 ]

ふぅ~!きれい。

花の特色を見きって刺繍に取り込んでいっていますね。
色の変わり具合が好きです。

2012/01/19 (木) 01:32:36 | URL | miriyun #X.Av9vec [ 編集 ]

Re: タイトルなし

miriyunさま
ありがとうございます
一つの花で色の濃淡があったり絞りがあったり
人間が交配で生み出す品種といえどなぜそうなのか不思議ですね

2012/01/20 (金) 18:13:16 | URL | なな #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。