蓮華座

野放しのニラ
2122
いつも花が咲く前に摘み取ってましたが
今年は放置したおかげで 
2726
たくさんのお客様が来ることを知りました
2125
花も終わると真ん中の粒つぶが三角に大きくなるのも初めて知りました
   
  
 
龍の刺繍が2ヶ月ぶりでしたが
もっと自分でも驚いたのがなーんと2年以上アップしていなかった
2756
こさり(ワラビとかぜんまいの類)のブーケの上に
蓮華座です
 
龍の刺繍がなんとか年内の目処が立ったので
こちらも再始動です


 
 
 
晴天続きで片付けがはかどります
といっても体力がついて行かないので
休み休み片付けながら現実逃避に刺繍
2758 
泥を被ったものは一旦乾かして使えそうな物は
泥を落とし水洗い
 
畳も水没ではないので拭けば大丈夫とのこと
業者様にひっぺかえしてもらって(床下は乾いていました)
乾かしてパンパン!とはたいて泥を落としたかったけど
こびりついた泥はカチコチ
当たり前ですよね。数日前まで壁だったんだから
固く絞った雑巾ではだめで
ちょっと濡らした雑巾で泥を刷り込まないようにふき取り
スチームモップで仕上げ
スチームモップ、買って以来初めての大活躍

2011.09.29 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

こさりのブーケというのですか、色の変化と文様の広がりがすてきですね。
 その上の蓮華座とともに、ものすごくきれいな刺繍です。丁寧に刺しているのがわかります。これもまたどんなになっていくのでしょう。楽しみです。

2011/09/29 (木) 02:07:17 | URL | miriyun #X.Av9vec [ 編集 ]

Re: タイトルなし

miriyun様
彫物などの蓮華座はその上の如来や菩薩とのバランスで安定感のあるどっしりタイプが多いと思うのですが
絵や刺繍はその点自由かもしれませんね
こさり(ワラビやぜんまいなどの総称)のような唐草のような?ものが蓮華の下を支えていて
なんだかブーケのように見えたので勝手にそう呼んでます

時間が許せばこれもなんとか仕上げてしまいたいと思っているのですが
楽しみといっていただけると励みになって針が進みそうです

2011/09/29 (木) 20:39:46 | URL | なな #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています