スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

甘いアート

少し前ですがご招待頂いて
日本シュガーアートコンペティション2011を拝見する機会をいただきました
2693  
TVでやってる○○王選手権で
時々飴細工やらマジパンとか見かけることはありましたが
生で見るのは初めて!
 
アートというだけあってすごいハイレベル!
最近流行のスィーツデコは
食べられない物(樹脂?)でいかに食べられる物に見せるかですが
こちらは食べられるシュガーで食べられない(?)物を表現するわけで
対象は何でもありです

一応フラワー部門、ウェディングケーキ部門他 各部門にわかれていたようですが
ウェディングケーキ部門で目を引いたのは会場入ってすぐ正面に飾られた
これ↓
2694 
細かな模様のついたセットンの布(に見えるシュガー)に囲まれ
2698
韓国の花ムグンファ(ムクゲ)が清楚に咲いていました2695
パールにゴールドをあしらったレリーフのムグンファ(ムクゲ)と 2699
立体で本物の薄い花びらを再現したムグンファ2697  
どちらもとても美しく上品でヤムジョナダと言う言葉がぴったり2696
お祝い事のときに配るシルトック(米粉の蒸しケーキ?)のイメージでしょうか  
 
日本人アーティストの手によるものですが
この方 すごい韓国通で研究熱心な方です
韓国語ぺらぺらだし、韓国へ何度も行っては伝統菓子の講習を受けられたり
頭が下がります
写真は下手な私が撮りましたが著作権はすべてこの方のものです
 
会場は何故か「携帯での撮影禁止」でデジカメならOKでみんなバシバシ撮ってましたが
2700
他の出品者のご了解を得てないので他の作品はググって探してみてください

イギリスが本場なせいか洋をイメージしたものがほとんどで
わずかに和のイメージの作品が数点あったものの
それ以外の国や地域をイメージする作品が無い中
日本人による韓国をイメージした作品は唯一無二
会場でひときわ目を引く作品でした

韓国の留学生の出品もあったのですが
韓国をイメージしたものはありませんでした
もちろんいずれも素晴らしい力作だったのは言うまでもありませんが
(ホント会場でエレベータ内で、どこでも韓国語が聞こえてきて
ここはどこだ?って感じでしたよ
奇しくも隣の建物は韓国幼稚園だし)
  
 しばらく後にはソウルの餅カフェ、餅ケーキ屋さんに
似たような作品が並ぶかも
 
   
フラワー部門を見ておもしろいなーと思ったのは
生のお花を再現している作品と(わざと萎れた感じをだしていたり)
あえてシルクフラワーのような造り物の花を表現している作品の2種類がありました
 どちらもフラワーアレンジメントの素養がないと難しそうです
 
飴細工でもレースのような繊細さを表現するものがありますが
シュガークラフトは私が知らなかっただけかもしれませんが
刺繍に見せるテクニック、スモッキング刺繍に見せるテクニック
ニットに見せるテクニックなどがあるそうです
そういえばつまみ簪に見せた作品もありました
手芸でできるものはシュガーですべて表現できるのかもしれません
  
韓国の方でフラワー部門に出されていた作品、
花器が陶器のように見えましたがたぶんそれもシュガー

知らない世界にまたひとつ出会えました
この機会をいただけたことに心より感謝します

2011.09.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

ムクゲはまるで生花のようですね。
イキイキとして戦災で、こうしたつくりでいろいろな作品が並ぶのって凄すぎる‼?

立体造形は自分のイメージを作品にするまでには大変な熟練を要するのでしょう。

2011/09/07 (水) 08:03:49 | URL | miriyun #X.Av9vec [ 編集 ]

Re: タイトルなし

miriyun様
すごいでしょ~!
蕾から開きかけ、葉も徹底的に実物を研究されたのがわかりますね
2日間のうち2日目にうかがったのですが暑さのせいか崩れてしまった作品が多く
この作品はその温度に柔軟性をもたせた作品だったのでしょうね
見る限りどこも痛んで無いようでした

ウェディングケーキは3段という規定だったようですが
失礼ながら他の洋のケーキはどこかでみたことあるような・・・素人にはわからないテクニックがすごいのだと思いますが
オリジナリティではこの作品がつきぬけてました

2011/09/07 (水) 20:15:12 | URL | なな #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。