銀の虎と金の鶴


裏打ちだけして持ち帰った

ヒュンベ(胸背)を額装してもらいました。

胸と背につける階級を表すワッペン。虎(図章は豹)が武官、鶴が文官

 

 

 刺繍を金属のフレームに入れるのは・・・

と先入観があったのですが

ん? これは?

このヒュンベのためにあるフレームではないの?

と思える規格品があったので

即決bikkuri01

112   

114

 

鶴は一回り小さいです。

写真ではよく見えませんが、

マットも赤みがかったゴールドですキラキラ

 

 規格品なのでオーダーよりぐっと安い。

紫外線防止アクリル板に500円追加で交換してもらいました。

色白の虎と鶴にはお肌の大敵だからね。

 

 

駄作も立派に見えるから

ミラクルだわ

 

2008.06.10 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

No title

職業を表す刺繍なのね
かっこいいわー
素敵な額を見つけましたね。
素晴らしい刺繍がさらに素晴らしくなったわね。

2008/06/12 (木) 21:37:07 | URL | Tinky #- [ 編集 ]

No title

Tinky様
Tinkyさんがおっしゃっていたように額は重要ですね。しみじみ。
お店によってフレームの品揃えもちがうんでしょうけど、ぴったりのに出会えて本当によかったわー
新製品だったみたいです~

2008/06/13 (金) 00:55:42 | URL | なな #vhHMjRs. [ 編集 ]

No title

手芸ではなく、芸術ですね。
それに宝となる芸術。

2008/06/16 (月) 15:48:44 | URL | Camelia #- [ 編集 ]

No title

額のおかげね。
額は宝よ^^

2008/06/16 (月) 23:40:45 | URL | なな #vhHMjRs. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています