ヒスイ色のカワセミ

いつもあちこちから出てくるイキシアさん
1332
引っこ抜いても生えてきます
1334
様々な色があるようで
1333
ヒスイ色といわれてるこの色ほしいなー
ヒスイカズラは温室内しか育てられないけどこれなら大丈夫だと思うし
でも増えすぎて手に余るのもこまるなー
   
消費が追いつかず鞘が硬くなってしまったので
グリーンピースとして食してる鞘豌豆です
1335
(おすそ分けした友人が写メで送ってくれた写真)
私の中ではこっちがヒスイ色なんだけど
翡翠という石自体 色の幅があるので
人それぞれイメージする色が違うかもしれませんね

 
 
近くの公園に1年中カワセミが見れる池があるそうです
(見たこと無いですが)
日本では北海道だけで夏鳥扱いだそうです
 
韓国では『5月初旬にやってきて10月には南下し
(たぶんソウルを基準にしてると思いますが)
南海岸で越冬する夏鳥』と本にかいてありました
1292

鳥の色を知りたいだけならネットで画像検索したほうが早いのですが
 
鳥といったら韓国人の多くが思い浮かべるありふれた鳥の
配色を頭にいれておいて刺さなければいけないとのことで
先生に指定されて買った本です
他に同じシリーズの本で昆虫、蝶と買いました
  
1293
この本の写真では翼部分は青よりもヒスイ色にも見えます
  
 
メスはヒスイ色にしました
(メスは下側の嘴が赤だそうです) 
1288
他の細かい違いはつっこまないように

2010.05.28 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

ヒスイカズラ、私も欲しい。
私は切り花でいいんですけどね。

メスはヒスイ色にしました
(メスは下側の嘴が赤だそうです) 

そうなんですかぁ
色んなこと学習できます。


でもこの絵図、これだけで充分だと思いますけど?
まだまだ広がるんですね。
森羅万象、奥が深いですね。

2010/05/28 (金) 22:04:57 | URL | CROKO #r6uSoc5A [ 編集 ]

Re: タイトルなし

CROKO様
そうですねー こんな色のお花 まだ見たこと無いので一度生で見てみたいです~

> 色んなこと学習できます。
同じく!刺繍しながらも新しい発見がたくさんあって楽しいです!

> まだまだ広がるんですね。
あ。もう終わります;;

やりかけのものも一杯あるし(もぞもぞ)

2010/05/28 (金) 23:05:38 | URL | なな #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています