FC2ブログ

数珠入れ

増えすぎたのでバシバシ切っていたフジバカマ

827

   まもなく花の季節と思っていたのですが・・・

毎日1,2本ずつ立ち枯れます

引っこ抜いてみたら白いカビのようなものが!

おそらくは白絹病

今までこんなカビ(?)を見ても

自然界だからいろんなものが共存するわよね

と気にも留めてなかったけど枯れるとなるとねぇ

ネットで調べるとどんどん感染蔓延するっていうので

この連休はいつに増して肉体労働に終始しそうです

連休前にすでに手には豆ができ腰は痛い

防御してない顔面は蚊にさされてぼこぼこ

あぁ~すっきりしたい!

とずいぶん前に買って使ってなかった

ハーブ石鹸を開けました

796

たぶんハーブの流行のはしりだったのかな

4種類くらいあったうちのひとつなんですが

(このローズマリーミント、ラベンダー、カモミールとあとひとつ・・・竹塩かな?)

797

ローズマリーという単語が長すぎて定着できなかったのか

中身は同じで名前がハーブミントになり

あとラベンダーと二種類だけになったみたいです

 以前はズバリの写真だったけど、

今は乙女チックな絵になってイメージが大事みたいですね

香りが長続きすると謳っています

つまり・・・香り成分が長く肌に残るので

肌の弱い方はよーく洗いながすことをお勧めします

 

 

 

お盆前の頃 テレビショッピングで

お盆グッズといって薄墨色のいろいろを売ってるのを見て

自分の数珠入れは・・・と見ると

809

弔事には少々赤すぎやしないか?

 

とりあえずお盆は韓国に居るときに作ったキヂュモニで対応

布に梵字の織模様があるスニム(お坊様)用です

816817

たぶん右の卍が表なんだろうけど失敗箇所が目立つので裏にしました

 

 お彼岸には間に合わせようというわけで虹色工房さんにお願いして

薄墨色の蓮模様のタンを探してきていただきました

810

薄墨色というよりシルバーに見える?

 

手持ちのフラップ付きタイプは布が少しでいいけど

芯地を入れてカチっとさせないとずるずると中身がでてしまうのよね

寸胴袋で二つ折りタイプなら布がたくさん要るけど

バッグの中でひっくり返っても中身が出てくる心配もないし

何しろ作るのが簡単でよろし

 812

刺繍はちょこっとでも枠に張る手間は同じですが

811

蓮の花は紫系の糸にしました

 

裏はどうしようかー?

813814815

どーせ見えないからなんでもいっか

てか普通 表が濃い無地で裏が白っぽい布なんですよね

リバーシブルも考えたけど刺繍があるとひっかかる気がしてやめました

 826

横14cmX縦(二つ折りにした状態で)7.5cm

布の模様と刺繍を蓮にしたけど

そうじゃなければアクセ入れてもいいですね

2009.09.19 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

数珠入れステキですね~!!
私もいろいろ考えたけど、この形が一番ベストのような気がします。
中々実現しないけどね。。。 (苦笑)
タンというのは韓国の生地の種類なのかしら・・・?

秋の蚊はホントにしつこいですよね。
うっかりしていると、知らないうちにあちこち刺されていますね。
これを理由に庭は草ぼうぼうです。(爆)




2009/09/19 (土) 07:35:27 | URL | kokomama #sCdCES4I [ 編集 ]

Re: タイトルなし

kokomama様
ありがとうございます
タン(緞)は光沢のあるシルクで織の模様によって○○タンと名前がついております
とろんとしたものからちょっとはりのあるものまでイロイロです
(あ、シルクじゃないのも売ってるわ)

ベビにゃんのお世話で刺繍どころじゃないですよね?^^
でもまたすばらしい作品見せてくださいね
リンクいただきありがとうございました

2009/09/19 (土) 22:35:11 | URL | なな #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
12月 全州伝統工芸全国大展 奨励賞(繊維部門)受賞
9月 国際ポジャギフォーラム(NY) 参加
2018 1月
大韓民国新美術大展 伝統工芸部門(螺鈿・刺繍) 優秀賞
9月 国際ポジャギフォーラム 参加
2016
8月 ポジャギフォーラム@韓国水原 参加
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館 参加
2015 4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館 参加
2012 3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2010 3月 韓国刺繍展@岐阜
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
2008 帰国
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています