つるX1000

斜め下から見たレン子さん

627

池に咲いていると花に近寄れなかったりするけど

これだと間近でよく見れていいわ。サイズもミニだし。

(睡蓮は洗面器、蓮はバケツで育ててます)

  

高麗美術館で蓮をテーマにした展示やってますね。

2009年度夏季コレクション名品展「蓮の清香-君子の花 浄土の花」

もう終わりましたが蓮模様の瓦当の拓本を採るワークショップもありました。

瓦当の型(↓この顔)をとって

630

 手作り石鹸を作っていた友達を思い出しました。

 

 

 

  

蔓。。正直結構むずかしいです。私にとっては。

ヘッダー・フッターの写真の中にもありますが

これを刺したとき、もっと練習しなくては・・と思いつつ

今になってしまいました。

623

 

625

 

624

先端がすーっと伸びて動きがあるようにしたいんだけど。。。

(実際の朝顔は毛深いのですーっというよりもじゃもじゃかな?)

 

   

韓国に帰化したアメリカ人の

テンファ(幀畫。仏画の一種)作家の方が修行中

ひとつの絵につき(もちろん数え切れないほどの種類があります)

最初はお手本の上に紙を重ねて写すこと1000枚。

次にお手本を横において見ながら描くこと1000枚。

最後にお手本を見ないで描くこと1000枚。

という練習をしたそうです。

 

先日刺 し終えた仏陀像を1000枚刺せと言われたら

一生かかっても刺せませんが

蔓だけなら・・・

1000個刺したら少しは上達できるかなぁ。。。

 

  

ご参考↓日本各地で見ることのできるテンファ載ってます

629

といっても写真集じゃないので写真は小さくてほとんど活字ですけど。

http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%8E%E6%9C%9D%E3%81%AE%E7%BE%8E-%E5%A7%9C-%E5%81%A5%E6%A0%84/dp/4750313734/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1248177711&sr=8-3

↑で飛べなかったら↓をコピペしてください

 http://www.amazon.co.jp/李朝の美-姜-健栄/dp/4750313734/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1248177711&sr=8-3

2009.07.22 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

いつか写経をしたいと思っていますが、映すのって面倒ですよね。
なのに、お手本の絵を1000枚X3回?
いやあ、その勉強があってこその刺繍なんですね。

蔓は難しいですよね。
蔓の先っぽ、カーブした先のとんがりが、どういうわけか好きなんですよ。
ななさんの蔓の先端、可愛いですよ。

アイヌ文様を編んでみようと思い立って、(蔓状のアイヌでは棘)がどうしても表現できなくて、モラに挑戦したけど、曲線に四苦八苦でした。
簡単に出来たら手工芸とはいえませんからね。

2009/07/23 (木) 09:19:04 | URL | CROKO #r6uSoc5A [ 編集 ]

1つのことを成し遂げるのに
よく1000という数が使われますが
やはりそれくらいやらないとダメなんでしょうねえ(T_T)
ウチの母親も、毎日何かしら臨書(古典の書を筆写する勉強)してるので
その点だけはエライ!と思います。

2009/07/23 (木) 11:25:29 | URL | yangja #3jOStg5c [ 編集 ]

Re: タイトルなし

croko様
1000枚X3回?!ですよね。
1日に10枚かいても300日じゃないですか!
だって1枚が畳何十畳ってサイズですよ。
(最初からそんな大きいのを描かないにしても)
びっくりおじいさんなんです。

アイヌ文様もいいですね~
くるくる永遠の螺旋はどうして誰もがあこがれるのでしょうね。

編み物での表現はさぞ難しいのでしょうね
チャレンジャーcrokoさんだけあります!
クラシックレースすごいです!
http://blog.goo.ne.jp/croko/e/08387bdb0ebf8f31cb4d859b1befedac
誰もまねできないですよ!。

2009/07/23 (木) 21:12:48 | URL | なな #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

yangja様
えー1000って数字ふつうなのですか。。
ムリ。私は。

お母様すごいですね。継続は力なりのお手本のような方なのですね。
こんど私に爪の垢わけていただけないでしょうか?

2009/07/23 (木) 21:24:55 | URL | なな #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています