スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

韓紙工芸展のお知らせ

リリーボンバーちゃん

(こういう品種名ではありません。私が勝手に呼んでいる名です)

579

去年に比べ今年は小ぶりに咲きました

580

色も薄い気がします

581

両脇のユリはアブラムシに花目を食べられてしまったので

これは生き残っただけましかな

 

 ~*~*~*~*~*~*~~*~*~*~*~*~*~*~*~

ポジャギ好きの方のくつろぎ空間

素夢子古茶家(京都)で

昨年の8月に次いで 第2回目の

コップリ韓紙工芸展 作品発表会&展示販売会

~ここにあるもうひとつの韓国~

が開かれます。

576

2009年8月2日(日)~3日(月)

11:00~21:00

572 

行きかたは素夢子古茶家のサイトの中の拡大鏡をクリック

申英姫先生のコップリのサイト:http://www.koppuri.com/

  

 

韓紙工芸は小物入れでは終わらないのですよ。

文様も切り紙を貼ったりトールペイントのように直接描いたり

縫ってポジャギ(チョガッポ)にしたり韓服にしたり

紐状にしてバスケットを編んだり

ペーパーマッシュで造型したり・・・

 

たとえば私の手元にある本の表紙

これ、引き出しのついたパーティションです!

578

リアルサイズの箪笥とか屏風とかの家具もあるのですよ。

教保文庫にもアマゾンの「なか見!検索」に相当する

ミリポギ(予見)ができました

ページをめくる音付き音符

この本 ミリポギできるのでチェックしてみてくださいね。

http://www.kyobobook.co.kr/product/detailViewKor.laf?ejkGb=KOR&mallGb=KOR&barcode=9788975612343&orderClick=LAG

 (もちろん日本から購入できます)

  

 

韓紙工芸で できないものはない!

と言えるトータルなアートではないでしょうか。

 

この本の中にも「紙千年 絹五百年」と書かれています。

絹の布に絹糸で刺繍しても500年しかもちませんが

紙は1000年もつそうです。

(動物より植物のほうが強いのね)

奥が深そうですね

2009.07.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。