蓮花園

ツバメを刺したいと思ってから

韓国刺繍の遺物を探したのですが

いいかんじのツバメが見つからなくて・・・

絵心があればささっとツバメを描いて図案にするのですが。。

(所詮ぬりえなので。私の刺繍は)

 

昔から民画を刺繍にすることがあったので

それに倣って私も

18世紀後期の民画を元に刺させていただきました。

385

398.4X100cmの8幅屏風。

これ全部を刺す根性は無いし

仮に刺せても保存しておく場所も無いし

 

で一番左の1幅

386

これでも全部は無理。

それでツバメのいる上部を

387

民画の中のツバメは軽やかで俊敏さが伝わってきますね。 

 

408

メタボなツバメは体が重くて低空飛行です。

 

ああ。こうして並べると品の無さが目立つわー 

2009.05.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

なるほど・・・ワンカットだけでも絵になるんですね。

>こうして並べると品の・・・・

いえいえ、こうして並べると若さが見えます。

浮世絵でも色あせてしまって、本来の色が判らないものが多すぎます。
ある彫刻家が、浮世絵の再版に挑戦。
艶やかな色が再現されていましたよ。

まるでななさんのこの蓮のように。

2009/05/18 (月) 17:19:00 | URL | CROKO #r6uSoc5A [ 編集 ]

Re: タイトルなし

croko様
見ましたよ~私も。浮世絵の再版!
見事でしたね

浮世絵と違って民画は落款がほとんどついてないんです。
(現代の民画作家の方は落款いれてると思いますが)
民族が共感する美の類型なので製作者の個人技を押し立てる必要も理由もないんだそうです。(と本に書いてありました。)
というわけで私の技量の無さは目をつぶっていただくことにしたいです~

2009/05/18 (月) 23:47:48 | URL | なな #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています