ソウル国際仏教博覧会①

前の記事の最後の
スニム(お坊さま)のニット帽を手に入れたのは
ソウル国際仏教博覧会の会場でした
20150321163145fcc.jpg
地下鉄3号線ハンニョウル駅前にある XXXファンの方にはお馴染みソウル貿易展示コンベンションセンター
人人また人でごった返す入口。というよりどこからどういう手続きで入るのかカオス
目ざとく外人受付を見つけすんな〜り入れましたヨ

先ずは工芸を集めたA展示室
イジョンスク先生の刺繍がどどーんと展示されてました
20150321162639797.jpg
はぁーヨダレものです
20150321162602202.jpg
スニムが縫われた心のこもった小物たちもありましたねー
カラフルな蠟燭もあるし
201503211626412d0.jpg
あ。そこ!手の届かない高さにディスプレイされてるノリゲ!
2015032116264093f.jpg
ゆっくり見たいのに〜 ともかく師匠を見失わないよう追っかけるので必死です

匠のスニムの作品
遠目には墨で描いた仏画なのね〜 くらいですが
2015032116255632d.jpg
近づいて見て えぇー!経文を 墨の濃淡で描いてあるのですよ〜
201503211625574fd.jpg
そこに現れたスニムのトゥルマギも絶品!
20150321162643a92.jpg
もう30年前のものよって、このくったり感ステキ💗ご自作かしら?

201503211625591a3.jpg
こちらはパヌジル(お針仕事。日本で言う和裁)の名匠の作品とお針箱
20150321162600a80.jpg
大きさの違う針山が幾つも入っていて
うーむ。しつけの針、待ち針、縫い針とか使い分けてるのかしら?
と覗き込んで写真を撮ってるのは私たち師匠と後輩の3人だけでした〜(≧∇≦)
また 思い出したら②を書きますね

2015.03.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています