FC2ブログ

つまみ細工レッスン

とうとつなタイトル失礼します
 
今日はつまみ細工のワークショップへ参加してまいりました
y111
 ずっとやってみたかったのよ
はにぃ先生のテンポのいいご指導のおかげで
y117
たった2時間で初めての私でも!
y112
ふふ。五方色+1色に右の下がりがついたのもと2種類を作成
(少々芸のない配色ですみません)
 
はにぃ先生の惜しみないテクニック伝授が繰り広げられました
ちりめん布の種類のことやら(何々ちりめんといわれても違いがわからなくて申し訳なし)
糊の硬さの説明はう~んとなるほど。
そこまで初めての人に教えちゃう?
 
そしてお土産まで! 
y113
貝のブローチ(兼帯留め)に真田紐
夏にぴったりだわ~
 
帰宅して早々に取り出したのは
つまみ細工用羽二重
y114
10年以上前かな?習ってた方が 
チョガッポ(ポジャギ)に使えない?と分けてくださったもの
 
つまみ細工はわからないのでずーっと眠っていました。
今日教えたいただいたこと、早速おさらいに使ってみたいと思います 
   
企画・開催してくださった香保先生
教えてくださったはにぃ先生
ありがとうございました!!
一緒に、ご参加されたみなさまもありがとうございました
 
次回をたのしみにしてます

 今日は刺繍お休みしましたが
 y116
川辺の人、パジ(ズボン)はきました

2013.06.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

4番 川辺の人 続き


 

ソウルの国立古宮博物館で6月25日から始まってます
『麗しい宮廷刺繍』
2013年6月25日~9月1日
y108
http://www.gogung.go.kr/gallery.do?cmd=galleryAroundForm&menu=16
(韓国語サイトのほうが写真が多いのですが日本語表示は上記サイトの上のほうにあるJapaneseのボタンで日本語サイトに入りなおし展示案→特別展をクリックください)
 
夏休みソウルへ行かれる方はお見逃しなく
(そういう私まだ行ってませんの)
 
 
  
 
 そんな後でかなりはずかしいですが、
4番 川辺の人の服に腰紐追加です
y110

2013.06.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

4番 川辺で

キョンギジョンの中から遠くに見える塔 
y101
近づくにつれお城にも見える 
y102
 観光名所にもなっている教会でした
 
 y103
ぱっと見 普通のステンドグラスの窓ですが
y106 
よ~く見ると・・・
y107

 
白一色で作ったちょがっぽのようです。
y108
はぁ~美しい!
 暑さを忘れます
  
 
 
 
こちらは衣がはだけてみるほうが暑い?
y100

2013.06.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

2番 橋の上の人

これもずいぶん前にさいたいてバラです
y99
 
 
 橋の上に腰掛ける人ひとり  
y111
まずは衿や袖口の黒い部分

y102
白と青の服
y103 

2013.06.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

2番 橋

  全州のたびはまた後日
 アップしそこねていたお花たちを 
y98
雨にあたるとすぐにあせてしまうのが惜しいきれいな青
 y97
どうもこのあたりドクダミに土の栄養をとられているらしく
y96
年々ユニの勢力がおちています
y95
連日縄張りを主張しているシオカラ君。 
大きいからだなので越冬組かな?
 
 

2番の川にかかる橋。
y99
八橋のような感じでしょうか?
『床』のようにも見えますね

2013.06.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

1番 童子

キョンギジョンの中でも 
y88
いろいろお楽しみがありました
y78
コスプレのように衣装を着せてもらえたり
y79
こちらでは拓本をやらせてくれました  
 y80
3つほどある中から日月五峰図を選択   
y81
手伝ってくれて一緒にやるので早い早い。
ものの10分もかからず完成~
y80
少々物足りなさも感じましたが   
   
 
 

時間がかかって物足りないなんてことのない刺繍
1番 わらべひとりがしゃがんでいます
y92
机に向かう人の付き人ってとこかな
 y91

2013.06.20 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

1番 机にむかう

全州はプチェ(団扇・扇子)の産地で有名
第2回全州プチェ端午芸術祭が
2013年6月13日~16日行われておりました
y67
裏も手抜かりなし!
y66
もち手も!!
y64
y65
房花仙バンファソン先生の作品です 

ついでに前からほしかったこれもゲット(名前は何でしたっけ?)
y63 
ちなみにこちらは私が描いたムグンファ(むくげの花)
  y68
水でぬらしてぼかそうとしたら
「そんなにぬらしたら薄いから破れます」とのこと
下絵なくいきなり描くのでやりなおしきかず
 
 
 
 y77
こちら何度アップロードしなおしても
逆さにしか載らない写真
(上下ちゃんとアップされるのかなぁ?)
山奥でゴザに座り机に向かう人ひとり
 

2013.06.18 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

6枚ならべて

あこがれの全州。芸術の都
韓屋村があると前から聞いていて
y61
団扇・扇子で有名な全州なので
y56
当然、そこに貼る韓紙も特産品
y57
伝統的なものに現代を織り交ぜておしゃれな作品がいっぱい
y58
えーこんなんできちゃうんんだ!
 y54 
窓からのぞく灯りもすてき
夜はもっとステキなんでしょうね   
y62
外人は無料という太っ腹のバス!
ネット申請で10日前に当落結果がくるんだそうです。
でもね。人って無料っていうと
ちょっとした理由で行かないものよね
で、スタンバイでもかなりの率で乗れるらしい
(確約はできませんが)

NHKスペシャルの取材が入ったとかで
どうやら観光のあり方として放送されるらしい
番宣じゃないのでリンクしませんが気になる方はでぐぐってね
 
つづきはぼちぼち
 
 
 
刺繍もぼちぼち
 y60
6枚並べてみました

2013.06.16 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 未分類

1番 木の下に

  ずっと咲き続ける小さななでしこ
y60 
よく見るとベビーカマキリがいました 
 y61
かわいい~ 
    
 
 
 窓枠?ついたて?があれば
そこには人が
y59
1枚の絵に登場人物が一人だけなのは
3番だけで、残りの5枚はすべて二人ずついます
(先はまだまだ長いです)
    

2013.06.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

1番 木のした

 ユリの色もどんどん増えています
 y48 
濃い赤に
y58
オレンジ
スカシユリは雨に強いですjね
y47
香りがないので切花にしてお部屋にいれてもうるさくないです
 
 
 一番の木の下に突如出現した
y55
窓枠のような・・・

2013.06.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

3番 木の下で

アマリリスもまっさかり
y44
きれいな赤
y52 
濃いピンク
朱色や白と赤の縞々のとか
y53
ひとつの鉢に2つ以上の球根が植わっているものもあり
花が咲くときぶつかりあって倒れてしまうことも。 


1番の木の下でも悲劇が。。。
y43
まずは衣装の緑と青の部分から
y47 
黒い切り替え部分をいれ始め・・・
y45
ここで間違いに気づく・・・
でも。つづける  
y46

2013.06.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加
2018
1月
大韓民国新美術大展 伝統工芸部門(螺鈿・刺繍) 優秀賞
9月 国際ポジャギフォーラム(NY) 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています