スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

龍の眼

年始用のお花を庭で調達
2818
足りないかもとお花屋さんで買って置いたダリアと
2828
リューガンなんとか
ビロードで作ったようなすっごくかわいいお花(?)
2829
これほしいなー 苗売ってないのかしら?
名前をメモし忘れたので探せないんだけど
 
竜眼といえば・・・
2819
リュウノヒゲ(竜の鬚 ジャノヒゲ蛇の鬚ともいうらしい)の実!
そうだ龍の眼は青がいいのかも!

龍の眼をいったい何回ほどいては刺し
2825
またほどいては刺しを繰り返したことか!
2827
片方の眼は前方の玉を見据え
2826
もう片方はこちら側(見ている側)に睨みをきかす
と、したかったんですけど
目力の無さは相変わらずですが黒目のときより
自分のイメージに近づけました
 
なかなか思うとおりに刺せず力不足をいつも感じますが
今年も1年間
応援くださった方々
気にかけてくださった方々
このブログをご訪問くださった皆様に感謝申し上げます
  
どうぞみなさまよいお年をお迎えくださいませ

スポンサーサイト

2011.12.31 | | コメント(10) | トラックバック(0) | 未分類

龍のヒゲとまつげは銀糸で

蝋梅の葉っぱは茶色くなって遠くへ飛んでいってしまわないうちに
2822
もいでしまいます ちょっとかわいそうですが
2824 
豆のお蒲団になってもらいます
2823
寒さから守られてサヤエンドウ(今シーズンは赤花!)
とエンドウ豆の芽がでてきました
 
 
  
ぱっと見わからないので自己満足にすぎませんが
2816
歯と牙を銀糸で囲い
マツゲ?眉毛?とヒゲにも少し銀糸をいれました
残すは眼です

2011.12.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

龍の脚毛?の付け根のぐるぐる

ピンクの寒菊
2817 
挿し木で更新してないので今年は少ししか花をつけませんでした
 

見えるでしょうか?
2815 
踵?から出ている緑の毛?の付け根に
ぐるぐるをつけました
2821
あごひげ?の付け根にもぐるぐるあります
2820

2011.12.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

龍のかこみ3周目

修理工事の間、野菜を育てる気にならず
2813
ふかふかに土の準備だけしておいたのですが・・・
いつのまにかにゃんこのトイレにされてました
さくらちゃんかなぁ?他の子かなぁ?
ま、よそで『ったくもう!』ってしかられるよりは
うちで心置きなくどうぞ
    
窓を閉め切っていても塗料の臭いで私は頭がくらくらしていたのに 
猫も鳥も塗料の臭い平気なんですね
 
 
 
このキラキラ感。写真でお伝えできないのが残念!
2811 
3周目は不連続です
2812
形の悪いところを直して囲みはできあがり
2814
もう少し刺すところがあります
あと少し あと少し

2011.12.28 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

龍の囲み2周目

寒くても元気なキンギョソウ
2707

 

 

 2周目の囲み線です 
2709

キラキラしててキレイ
2810 
最後にもう周します

2011.12.27 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

龍を囲む線

 寒~いクリスマス連休いかが過ごされましたでしょうか? 
2708
雪つもりかけてます
さぶっ



龍のまわりを金糸二本どりでやり直しました
2703 
まだこれでは終わらないのですが
ちょっとそれらしくなってきたでしょう?
韓国ドラマの中で朝鮮王朝時代ものでよくみるあれです

2011.12.26 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

龍の眼 試し刺し

西高東低 太平洋側は晴天
2705
たとえば23日は最高気温8度くらいでしたが
2704
太陽がでてれば
2706
室内は33.5度?!
実際室内の空気全体が温まっているわけではないですが
暑い。。
午後1時50分ごろを境に室温は急降下 
 
 
  
 龍の眼をどう刺すか思案中
金糸だけより黒目があったほうがいいかなぁと
2702
黒目を刺して 片目だけ金糸で囲んでみたけれど・・・・
2701
目力がないわ。。
ちょっと保留です

2011.12.25 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

龍を閉じ込めて

サザンカ咲いてます
2700 
蜜を吸いにメジロが来てるはずですが
中に隠れていて姿が見えません
 

 
龍の眼がまだですが先に周りを始めました
2698 
この金糸では細すぎて
2699 
龍のボリュームに合わないですね
解きますね


続きを読む

2011.12.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

龍の爪

今 お庭はモアレ越し
2696
シジュウカラは『わ~い!新しい木が生えてきた!』
と喜んでいるのか?
金属パイプの上によく留まっています
2697
(なかなか留まっている写真を撮れないのですが)
野生生物ってたくましいわ~
  
 
爪も銀糸で刺しました
2693
これで足に力が入りました

2011.12.22 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

角とおでこのシワ

いつまでも食べずにいたジャガイモ
芽が出てきてしまったのでその辺に転がしておいたら
2695
いつの間にか小さなジャガイモがいっぱいできていました
今日はシチューだな
 
 
 
  角とおでこのシワを銀糸で刺しました
2692
シワはここ 
2694
一本だけなんていいなー
私はたくさんあるのにな~

2011.12.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

雲終了

葉牡丹でなく葉薔薇とよびたいほど豪華
2690
すでに何年目でしょうか?高さは1mを越えます
夏も緑の葉がありますが冬は花が咲いたみたいに綺麗
 
 
 
雲のまわりの金糸が終わって次はどこに手をつけようか悩み中
2691
角と爪と眼がまだなんです

2011.12.19 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

くるくるくも

さ。寒いです
みなさま風邪をひかれたりしてないでしょうか?
金曜に雪というか霙が降って地面がうっすら白くなりました
2688
土曜も雪と覚悟していたら青空が広がりました
それでも午後になるとだんだん風が強くなってきて・・
みなさま暖かくなさってくださいね
 
   
今年もあと2週間。
完成するのかなぁ?(他人事のようになってきた)
2689
くるくるのくも
さきっちょにくるんと○がつくのが刺していて楽しいです

2011.12.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

リメイク 猫の湯たんぽカバー 後半

濃い赤紫の寒菊が咲き始めています
2687

夕方になると『入れてよ』と座り込みをするさくらちゃん
2688
それは無理。
 
 
 
猫の湯たんぽカバー つづきです
2675 
顔を出来上がりの2まわりくらい大きめに
尻尾と同じ布でとりました
(いずれもフリーハンドて型紙は作ってないです)
2676
中心に印をつけ耳あたりと顎と4箇所ダーツをとったんですが
周りをぐし縫いしたら意味がなかったです(汗)
2677 
胴体に乗せてみて適当に顔を下描きし
2678
鼻はフェルトで口元をアウトラインステッチ
毛穴(?)はベージュの糸でランダムに
ぼつぼつするようにというか毛足を押さえる感じにしました
見えるでしょうか?
普段ならテグスの鬚をつけるところですが
手触り重視で今回は鬚なし
 2769
耳を仮止めし
2682 
顔の向きと前足をどこに置こうか
2683
福笑いの猫版みたい
目隠しはしないけど
2684
実は目も薄いピンクで刺したのですが。。
なんだかう~ん  
  先に綿を詰めることにしました
2680 
丸めた綿をほっぺとおでこの3つに分けて詰めました
2681
湯たんぽが入った状態のほうが縫い付けやすいですね
顔が怒っているように見えるので
2685 
口元と同じ糸で目を刺し足しました
 膝に乗せて指先を暖めるのにちょうどいいです
この湯たんぽ、沸騰直後の熱湯を入れてもOKなのですが
付属のフリースの巾着は薄くてちょっと。
お子様用なら胴体部分も厚手の生地で作り直したほうがいいでしょうね
万が一キャップが緩んでも
顔の綿で熱湯がドバっと出るのを防いでくれるかなと思います

2011.12.15 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

リメイク 猫の湯たんぽカバー 前半

ぐっと冷え込んできてやっと紅葉が美しくなってきました
2664
ヤマボウシいい色だしてます
2665
ドウダンツツジも枯れた茶色になっていたのが
 目の覚めるような赤に変わってきました2666
別の葉の陰になった部分はくっきり黄色
春の芽も赤のグラデでスタンバイ
 
 
今年は遂に私も湯たんぽに陥落
2667
フリースの(極薄ですが)の巾着袋付きだったのですが
この湯たんぽが猫に見えたので早速リメイク2671
紐通し部分を解き、ファスナーをつけるべく湯たんぽサイズにカット2668
カットした部分の端に丸みをつけ中表にしてぐるっと1周縫って2669
半分にぶった切り綿を詰め前足ができました
2670
ファスナーをつけたところがフリースが伸びてガタガタ
いいの。尻尾で隠すから
2672
手持ちの毛足の短いオフホワイトのボアで尻尾を縫い
カーブの内側の布から耳をとりました
 要らない毛布でもいいかな?
2673
耳の内側はピンクのフェルトを
袋に縫わず端をざっくりかがりました
2674
フェルトは小さな小さなハギレも捨てず肉球に 

 
長くなったのでつづきは次回~

2011.12.11 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

波終了

青龍さん
2660
自然に咲いているときはピンクで
切花にして室内に入れるとだんだん紫になるバラが多いけど
2661
これは最初から紫(極うすーい藤色)
 2662
蕾があっちむいてこっちむいてうねうねしながら
首を伸ばし咲くところが龍っぽいかな?
 
 
 
やっと波まわりの金糸が終わりました
2663

2011.12.07 | | コメント(12) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。