キーホルダーの元

夜毎のスズムシの合唱がにぎやかになってきました
 
それでも昼間の暑さは変わらないので涼しげなユリでも
1957
トライアンフェータ(中がピンクがかっている方)は
日当たりのいいところに植えてあるので
ずいぶん花びらが焼けてしまい少ししか咲きませんでした(泣)
日陰で育ったホワイトへブンは傷みもなくとってもいい香り
 
それにしてもお盆&法事には間に合わず
お彼岸には早すぎでタイミングの悪いユリさんたち。。。
  ユリって私の中では教会のイメージですが
先日 施餓鬼でお寺に行ったらユリの花が飾ってありました
蓮は時季はずれ?で造花だったけど
 

敷いているレースは今はやりのバテンレースというやつかしら?
1959
レースのことは(レースのことも)詳しくないのですが
Brugge?ベルギーの町かしら?
1958
全体像はこんなん(アイロンかけてなくてすみません)
 
もうひとつ丸いのがあって
1960  
糸がクロスしてる部分がバスケットの編み始めみたい
このレース編み?レース刺繍?もやりだすとはまるんでしょうねぇ
見るだけにしておこうっと
 
 
  
    
 
今日も埋め草ですみませんm(_ _)m
 
ヨルセッペ(キーホルダー)になる前の各パーツです
1958 
これも大きな布に一度にまとめて刺します
 
完成品はこちらでご確認くださいませ
http://koreanembroidery.blog10.fc2.com/blog-date-200805.html

2010.08.30 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

ミニフレーム

昼間の暑さは変わりないですが朝夕は少ししのぎやすくなりました
  水遣りの量を減らしてもからからに乾かなくなりました
 
 
西洋松虫草(スカビオーサ)の花が咲くと
切花にしていて気づかずにいましたが
花が終わったあとも風情がありますね
1956
花びらがすべて散ると
1955
ツンツン頭がかわいい~
触っても痛くないですよ
 
 
 
 
100均でなくそれなりのお値段のミニフレーム
1957
数年前ユザワヤのセールで買ったものです
  
馬子にも衣装っていいますが
しょぼい刺繍にもいいフレーム
 
この写真 前に載せたことありましたっけ?
ダブっていたらすみません

2010.08.27 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 未分類

ボツった小花

庭のあちこちで昇天したアブラゼミやクマゼミをみかけるようになりました
1950
虫嫌いな方すみません
1951
(クマゼミの羽が綺麗だったので。。)
 
ヒグラシやツクツクボウシの声 が目立つようになってきました1949
 
 
  
 
リクエストいただいたワンポイント刺繍を正面からみたところ
1952
 
 
小さすぎて見えないので半分ずつにわけますね 
 
1953
  
1954
先の残念なブローチもこの中に・・・

2010.08.25 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

残念なブローチ

なかなか気温が下がりませんね
こんな天気でも元気なのは睡蓮でしょうか
1945
律儀に法事に合わせて?3つ目の花が咲いてくれました 1946
もうひとつの青紫の睡蓮が咲く気配がなく
1947
シラサギカヤツリにお友達になってもらいました
1948
これ、雑草でしょ。って思っていたんですが
水生植物のブログを書いている方が素敵な写真を載せてらして
見直しました
 
同じように美しく写真を撮れないのが残念ですが
 
 
 
 
 
停滞中なのでまたしてもボツ写真を
1944
先のワンポイント刺繍で作ってみたブローチ
思いっきり不評でした

2010.08.23 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

ワンポイント刺繍

水は足りているんですよ
1939
不足なら葉がでろーんとしますから
1940
熱波とでもいうのでしょうか?
1941
日焼けを通り越して火傷みたいなものかしら?
1942
咲いたらもっとヤバイと感じてるのか 開かずに枯化
  
そんな庭に日焼け止めを塗らずに出る私は。。。
塗っても5分後には滝汗で流れてしまうのよね
滝汗をかくのは新陳代謝がいいからってことにしておこう。うんそうしよう 
 
 
  
 
ネタ切れなのでボツ写真でも
1943 
小さい刺繍はまとめて刺します
ひとつ、ふたつのためだけに木枠に張るの大変だから・・・
 
刺したいワンポイント刺繍がいくつかできたので
またこんなまとめ刺しをしようかなと思ってます

2010.08.20 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

ボトルドレス オンニver.

しとしと雨でなくゲリラ豪雨が降ったりすると  
池は雨どいから水を引いてるので鉄砲水と同じで水位が急激に上がり
1934
水面で咲く睡蓮は水没~
1935
雨で水面が波立ってるとモネの絵みたい
モネの睡蓮は雨の日の絵だったのかしら?違いますよね
1936 
雨が止んだ頃には水面から出てます
ほんの1、2時間で数cm背が伸びるんですねー
 

 

まだまだ納得いってない韓服ボトルドレス  
1933  
こちらはチマ、チョゴリとも手持ちの布です
金色の糸が織り込まれていて裏は金一色です
数年前ユザワヤで買ったもので韓国物じゃないですけどね
1938 
(片方の手を挙げるとパンソリでも謡っちゃいそう)
 
前の二つはオッコルム(胸のリボン)は結んだものを縫いつけて
スナップで留めていたんですが
これはスナップをつけずオッコルム(胸のリボン)を結ぶことで
ボトルの形状の違いに対応しようとしました

四角いボトル(お茶系に多い)は肩が斜めにすっきりしてて
前身ごろをぎっちり重ねると袖が前に来すぎてちょっと不自然
丸いボトル(炭酸系に多い)は鳩胸なのでぱつぱつになるし
う~ん。難しい~

2010.08.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

あまった布でほおずき

お盆に合わせて睡蓮が復活しました
1928
春に池を修理して(完全ではなくまだどこか漏れてるけど)
何年かぶりに花を見ました
1930
雨に濡れても綺麗~
 
2千年以上前の蓮の種から花が咲いたと話題になったことがありましたが
睡蓮の根塊はどれくらい乾燥に耐えるのでしょう?
ちなみにこの睡蓮は完全に掘り上げられてはいませんが
池の枯渇を何度もくぐりぬけ半世紀以上生き延びています
 
翌日 熱帯睡蓮の2番花が咲いたので大きさの比較でも
1929
 
1931
熱帯睡蓮は体内時計がタイあたりにセットされてるのか?
朝遅く開き(6時にはまだ閉じています)午後2時半ごろ閉店 
1932
温帯睡蓮は朝早く開き 11時頃から閉じ始め午後1時には完全閉店です

 
風船かずらの風船も膨らみかけてきました
1926
ほおずきの種も蒔いたんですけどねぇ。。。
 
   
 
   
行灯を作って ちょっと布があまりまして
1923
前から作りたかったほおずきにしました
 1924
いろいろな方が作ってらしてどれも素敵なんですが
シンプルに
1925
赤い紐でもつけようかと紐の袋をごそごそしたら
作りかけのチャムジャリ(トンボ)結びが
転がっていたので ま、いっか これで。
 
小さく作って携帯ストラップにしたらかわいいかもね
   
 
さ、今日から平常運行
(できるかなぁ。。。?)

2010.08.16 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

行灯

今年2つめの蓮の花
1922
1つめより大きく咲きました
 1927
春に植替えしそびれて今年もビニルポットのまま;;
昼間かなり熱くなり中はお湯になっちゃうので
メダカは煮魚になったりしないのか心配だけど
暑い時間帯は泥の中に隠れてるのか平気みたいです
1921
ほっこり
 
 
 
 
行灯に仕立てました
191519161917
熱くならないようにLEDランプつかってます
白はちょっと暗い感じかなぁと思って
橙色のランプに換えてみました
191819191920
実際はこんなに赤くないのですが
白と橙の中間くらいがあったらいいのに

  
韓国の重要民俗資料のひとつに
日月繡陀羅尼チュモニというのがあります(刺繍博物館所蔵)
18931892
陀羅尼というか祈願文が刺繍してあります 
日本では陀羅尼と真言を区別していますが
韓国では陀羅尼と真言は同義語だそうです

 
これもいつか刺したいです

2010.08.13 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 未分類

小菊

お盆シーズンは菊が高騰するので
1911 
「お盆に咲く菊」という名前で売られていた苗を植えたら
菊だらけ;;
1907 
小菊と大輪咲きと植えましたが 
1908 
茎の中を虫に喰われるらしくぼきぼき折れてしまい
意に反して敵芯したことになり
枝分かれしすぎて大輪は望めなさそうです
   
 
 

韓国刺繍に出てくる花は蓮の花と牡丹が圧倒的に多くて
1909 
ほかの花を刺すことが少ないのですが
1910 
菊の花も楽しい~ 

2010.08.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

はらばりたや うん

冬の花だと思っていた
1905
ガーデンシクラメンと
1906
スイートアリッサム
 
日陰に置いておいたらこの極暑の中
咲いています   

   

 
今日は『はらばりたや うん』です
1898
これで終了です  

全体はこうなります
1899

2010.08.11 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

まに はんどま じんばら

 立ち枯れ寸前のキンギョソウ
1902
春から断続的に咲いています
1904
でももう限界かも
1903
  
  
  
 
 
 今日は『まに はんどま じんばら』です
1896
1897

2010.08.10 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

まかぼだら

昨日は末伏(マルボク)
(初伏、中伏、末伏と3回ある伏日の最後の日)
1913
日本の土用の丑の日にうなぎを食べるのに似た習慣で
ポンナル(伏日)にサムゲタン(蔘鶏湯)を食べるのです
長いこと食べていなかったのですが久しぶりに食べました
1912
 光化門のビジネス街の中においしいお店があって
行きたいなぁ。。と思いを馳せながら食べました
コラーゲンたっぷり
1914
庭のネギ投入 はふはふ。  
   
   
   
   
 今日は『まかぼだら』です
 1895

2010.08.09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

べいろしゃの

まだ咲いていないユリがありました
1900
たぶん鹿の子百合
1901
蕾が見えてからかなり経ちました
暑さでもう立ち枯れてしまうかと思ったけど最近の夕立で生き返ったようです
   
 
   
 
今日は『べいろしゃの』です
1894

2010.08.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

梵字 ふたたび

今日は立秋ですね
ヒグラシの鳴き声はまだ聞こえませんが
 すでに数日前から深夜に地面から
秋の虫のような鳴き声が聞こえるようになりました
  
みょうがが採れるようになってきました
1888
たけのこみたいに地面からいきなり花が出てきます1889
お花がでてきたところは回りの土もやわらかくなってるので
土の中に手をつっこむとみょうが(蕾)があるのでぶちっとちぎって採ります
1890
特に何もしてなくて勝手に増えてます
増えすぎてときどき引っこ抜いてますが 
1891 
やわらかい葉で蓬餅等をくるんでフライパンで焼くと
香りが移っておいしいです~
  
 
 
  
お盆ウィークでご訪問くださる方がすくないこの時期に
さくっと仕上げたいお盆むけ刺繍です

久々の梵字
 
『おん』です 
1403
(宗教団体とは関係ございません)

『あぼきゃ』です 
1405 
 
知ってる方はもうわかりましたよね?
お遍路でもよく唱えられる光明真言です
 
(宗教の勧誘ではございません)

2010.08.07 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

桔梗

 暑さに雨に少しやられてますが
なんとか咲いてくれました
18791878
白もきれいです
1881
1880
暑い夏に一服の清涼剤ですね
 
桔梗はもう終わったかなーと思うとまた蕾をつけます
初夏から秋まで長くさいてくれるのでうれしいです
  
 
 
 
桔梗紋を刺してみました
1882
紫色で刺したけど写真では青にしか。。

2010.08.06 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

ボトルドレス クリオネver.

  ヒマワリ咲きました!
1873
はにかんだようにちょっと赤くなってます
1875
筒状花も回りから
1876
少しずつ咲いています
1877
星型でかわいい~
 
数日後 筒状花が咲き進み
1883
なんか堂々としてます
1886
1番花は黄色が強くでたのでこんなもんなのかなぁと思いましたが
(これ朝です 東を向いています)
1887
2番花が咲いてやっぱりこの色!
(夕方 背後の白いところが西。首をまわさずのけぞって太陽を向こうとしてます)

1885
本当は赤花のヒマワリで『夕日』という名前です
 
 
  
 
二つ目に作ったのは クリオネちゃん
1857  
チョゴリ部分は手持ちのオーガンジー
(昔韓国の布が手に入りにくかった頃 これでポジャギつくってました)
袖は一重ですが身頃は二重にしました
内側の銀シートは最初襟まであったのですが
透けて見苦しいのでチマとの切り替え線でカットしました
保温保冷機能は落ちますが・・・
1884
チマ部分のブルーのカプサはKirogi工房さんにいただいた
1周年記念のおまけ(わ~い!)
涼しげな布を使ったのでオッコルム(胸のリボン)も
オーガンジーにしてみました

2010.08.04 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

朝顔の団扇

今年の緑のカーテンは朝顔でなく大きく育ちすぎたきゅうり
 
両脇にチェリートマトと普通サイズトマト(桃太郎)を配置していたのですが
トマトに覆いかぶさって枯らしてしまうので
よしずの前に強制移動
1870
葉が増えすぎて気づかなかったんですが
これはヘチマ?と思うほどのおおきさに育ったキュウリが隠れていました 
1404
(収穫の初期は色がすごく濃かったんですが だんだん薄くなってます)
 
一応朝顔も風船かずらも候補で種まきしてありますが1869
長雨で大きい鉢に植え替えてあげるタイミングを失って・・・ 
1867
梅雨明けしてすぐに植え替えましたが。。。まだこんなに小さいです
1868
朝顔も小さい鉢のまま・・・咲いてしまいました
  

 

 今回仕立てていただいた団扇・扇子の最後は
朝顔の団扇です
1449
明るいところで見るとかなり黄味の強い緑です
1448
室内では落ち着いた色目です
1447
落ち着いた色に見えるようにちょっとした工夫をしていただいたんです
その職人技にはうなってしまいましたよ

2010.08.02 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています