スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

カワセミのいる池できました

相変わらずお天気は気まぐれですね
1338
毎日見られるわけじゃないから こんな景色も有難い
 
風雨が強くて倒れかけるアマリリスさん
1336
4鉢ほどは室内に避難しましたが
1337 
残りの鉢は庭でがんばっています
  
今20鉢くらいでしょうか?これもどんどん分球するようで
次回の植え替えが・・・
 
 
  
カワセミと蓮の花の池なんとか5月中に完成しました~

今回はこの民画をベースにしました
1315
民画ではカワセミは綺麗なブルー+赤です
 
カワセミに力入れすぎて蓮の葉は省略です
(こうして並べるとしょぼい・・・)  
1289 
その分、緑の布(実際はモスグリーンに近いです)で「池」全体のつもり;;
でも主役のカワセミも蓮の花、葦どれもぱっとしなかった
民画のようにベージュの布にすればよかったかな?
こんな悩みが楽しいんですけどね

韓国刺繍は民画を図案として用いて刺した作品も多いのです
  去年は蓮の花とツバメの民画を元に刺したのですが 
次はどの民画を刺そうかしら?
これも大きな楽しみです
 (やりかけのものがたくさんあるじゃないか、と言われそうですが)
  
 
    
先日TVに100歳を越えた方がでていらしたのを見ました
あ、私は100歳までまだずいぶんとあるんだ!
いろいろたくさんのことができる!と思ったら嬉しくなりました
 
長生きしないとね

スポンサーサイト

2010.05.31 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

ヒスイ色のカワセミ

いつもあちこちから出てくるイキシアさん
1332
引っこ抜いても生えてきます
1334
様々な色があるようで
1333
ヒスイ色といわれてるこの色ほしいなー
ヒスイカズラは温室内しか育てられないけどこれなら大丈夫だと思うし
でも増えすぎて手に余るのもこまるなー
   
消費が追いつかず鞘が硬くなってしまったので
グリーンピースとして食してる鞘豌豆です
1335
(おすそ分けした友人が写メで送ってくれた写真)
私の中ではこっちがヒスイ色なんだけど
翡翠という石自体 色の幅があるので
人それぞれイメージする色が違うかもしれませんね

 
 
近くの公園に1年中カワセミが見れる池があるそうです
(見たこと無いですが)
日本では北海道だけで夏鳥扱いだそうです
 
韓国では『5月初旬にやってきて10月には南下し
(たぶんソウルを基準にしてると思いますが)
南海岸で越冬する夏鳥』と本にかいてありました
1292

鳥の色を知りたいだけならネットで画像検索したほうが早いのですが
 
鳥といったら韓国人の多くが思い浮かべるありふれた鳥の
配色を頭にいれておいて刺さなければいけないとのことで
先生に指定されて買った本です
他に同じシリーズの本で昆虫、蝶と買いました
  
1293
この本の写真では翼部分は青よりもヒスイ色にも見えます
  
 
メスはヒスイ色にしました
(メスは下側の嘴が赤だそうです) 
1288
他の細かい違いはつっこまないように

2010.05.28 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

メタリックブルーのカワセミ

昨年従姉妹の家から株分けしてもらった
時計草の蔓がぐちょぐちょにからまっています 
1320
花が 咲きたくても顔を出せずにむぐぐ状態
1326 
英語名パッションフラワーは
てっきり熱帯植物だから情熱的?
なんて思っていましたが
1330
受難のパッションだそうで
1331
十字架に釘
1327
棘の冠・・・
想像力たくましい人がいたのですね
 
これは果物時計草(パッションフルーツ)じゃないので果物はできません
お花が終わるとボロッと落ちます
  

クレマチスは
1319
お花がおわると
1329
もじゃもじゃが残りますね
1328
   

   
 
       
zoeyuさんが(←ハートの国旗シリーズがかわいいです!)
メタリックブルーなクワガタをクロスステッチで刺していらした
のを見て
目の覚めるような青を使ってみたい 
というわけでメタリックブルーなカワセミを刺して見ようかと
 
花鳥図屏風にも登場するムルチョンセ(カワセミ)
1256
ここでは濃青紫で表現されているのですが
(これもいつかは刺してみたいです)
翡翠ともよばれるカワセミを青・ヒスイ色で刺したいとずっと思っていました
  
でもリアルすぎてはいけないし・・・
(刺したくたってリアルに刺す技術がありませんが)
韓国刺繍の動物はデフォルメされたおちゃめさんですからね
 
デフォルメの鳥というとどーしても大好きな
村上康成先生のイラストが頭に浮かんじゃうんですよね~
1287
お目目のかわいさがちょっと似てしまったかな?
頭をごま塩にしたのも村上先生のヤマセミの影響かも^^

2010.05.26 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

蓮の花の咲く池

一番乗りの百合さんは 
1312
「乙女の姿」さん
虫にやられたか、一寸形がいびつでしたが
 
2番手はそばかすがかわいい
1313
すかしゆりさん
1314
赤に近い濃い目のオレンジです 
このあとも虫に負けずにたくさん元気に咲いてくれるといいな
1325
 
 
  
  

1286
これが池のつもりかって?ええ。。まぁ。。
これから池の主役を刺します


続きを読む

2010.05.24 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 未分類

クロスステッチ柄のスチームクリーム缶

友人の勧めでスチームクリームをゲット 
 
中身は同じだけど缶のデザインがたくさんあって
二つ三つと買いたくなる消費者心理をついてますね(つかれました) 
1324
クロスステッチはしない(できない)私ですが
これは押さえておかないと
1321 
サイドと底面もクロスステッチ柄入り
贅沢を言えば蓋のサイドも何かしてほしかったかな
 
後ろに見えているのは田舎者の心をくすぐる(くすぐられました)
1323
東京メトロ柄
1322 
こちらは蓋~サイド~底面 全面柄入りの手抜きなし
貧乏人の心を満足させます(させられました)
 
 
使いきったら何をいれようか缶を開ける前から想像がふくらみますね

2010.05.23 | | コメント(10) | トラックバック(0) | 未分類

雨が降っても気温が下がらなくなって蒸し暑いですね
庭に出たらあっという間に蚊に10箇所以上刺されました
あぁ、もう戦えない(草取りできない)orz
 
ふと見ると宿敵ドクダミが勝ち誇ったように咲いていました
 

バラも咲き始めました
ピエール・ド・ロンサール 
1305
13101309
1308
1307 
イランで食べたバラ水でできたアイスクリーム(ピスタチオ入り)を思い出します
でもこれは香りが弱い;;


 
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール 
 1311
1306131813171316

  

 

 
バラのような華やかさはないですが
1275
水辺の名脇役 葦

2010.05.21 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 未分類

ピンクの蓮の花

シランが満開です 
1285
悔しいのはこの根のスキマを縫って
1298
宿敵どくだみが生えるのです
1284
芋づるというか、どくだみの根はともかく長~いのです
この近くに排水溝の穴があるのですが
宿敵をひきずりだしてやろうとひっぱったら・・・
軽く5m以上。途中で切れて、ですよ
ちょっとしたホラーです

 
 
 

1274

2010.05.19 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

赤い蓮の花

近所の池で黄菖蒲?満開です
1299
 
 
昨年秋にお迎えし冬越しをした牡丹
1279
蓮と並んで韓国刺繍に最もよく登場するお花なので
実物をよく観察したくて
(なにげにわさわさの雄蕊がちとグロい)
 1280
でも白~赤紫~ピンクはありふれているので
イエローをチョイス
4つ蕾がついたけど小ぶりです
来年は大きく咲いてくれるかなぁ?
 
  
一方 蓮は浮葉が出てきたばかり
1283
花はまだまだ先です
 
 
 
 

1273


続きを読む

2010.05.17 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

ほたる2

もう5月もなかば
1290
やっと咲きだしたスイートピー
1297
風で倒れてましたが
1291
やっとぼちぼち収穫できるようになってきた苺
 

でもチューリップは終わりです
1277
10個植えて1つしか咲かなかったひとりぼっちのバラードさん


他にもひとつも咲かなかった種類が2,3種類・・・
遅咲きの種類は花芽がアブラムシ攻撃に遭いました
発芽自体もぱっとせず。土の中でも何かの虫にやられたみたいです  
1278
オランダ土産のこの鍋つかみ(もちろんメイドインチャイナ) 
復刻プリントですが先物買いを表してるのでしょうか?
育てにくさも値をつりあげる要素かもしれませんね
 
 
 
なかなか芽がでない鉢を陣取ってる「雑草」の新参者がこれ
1281
マツバウンランというらしいです
帰化植物なんだとか。どうりでー
1282
ご近所の広い庭ではこんなことになっていました
 
 
 






1258
なんとなーく絵を描いたら
ありふれた感じになってしまいました
絵心がないって辛いわ・・・

2010.05.13 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 未分類

ポジャギ展示会

関心のある方はとっくにご存知のこととは思いますが
DMをずいぶん前にいただいていたのに
ご紹介するのが遅くなりました
1295
5月20日(木)~23日(日)10:00-18:00 最終日は17:00まで
京都市国際交流会館
隣接 和風別館(入場無料)
1296 
刺繍教室においでいただいている方もたくさん出していらして
昨年の夏から悩んでいらしたのを思い出します
特に講師をされている方は大変そうでした
どんな力作が並んでいるか楽しみですね
 
すてきな会場での展示会ですが
4日間しかないので逃さないようにしないといけませんね

 
 

 


続きを読む

2010.05.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

ほたる1

しばらく前のことですが
 
うぎゃ~!ぎゃぎゃぎゃぎゃ!
ひーちゃん(ヒヨドリ)の歓喜の叫び(?)に庭を見ると
ドウダンツツジの花を食べていました
 1212
蜜だけ吸って捨てるのでなく丸ごとばくばく

ハチにも人気です
1213
12141215
同時に数匹 ぶん ぶん ぶん
蜜を吸うのに集中しているのですぐそばに人(私)がいても
おかまいなしのようです
(ちなみにドウダンツツジの花はもう終わってます

ハチと
1239
ハナホタル(コツラ)を見ていたら・・・
(ピンクのお花はアッツ桜さん)
 
ホタルって何ていうんだったっけ?
ケットンポレ(ケ=わんこ トン=落し物 ポルレ=虫)
あぁ~なんとかわいそうな名前でしょ
 
もうひとつ呼び名がありました(地方により呼び方2分されるそうです)
バンディップル(バンディ=? プル=火) 
ホタルというよりホタルの光という感じですが
  
  


1240
ホタルを刺してみました
ホタルに見えるかなぁ?

2010.05.10 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

GWは昨日までの方が多いのでしょうか?
中には9日までの方もいらっしゃるのかしら?
 
5日までは晴れ!という天気予報だったので
前々からの懸案をやっつけました!
1266
短パンを履くにはまだ寒かったのでジャージの裾をまくりあげて
まずはホースとたわしを手にゴシゴシ、ゴシゴシ
(昨年は池の周りに防草シートを敷いて砂利を敷いて力尽きた)
1267
水漏れ箇所がくっきり!
雨どいから水を引き込んでいるのですが
晴れが続くと水が漏れて干上がってしまい
睡蓮は咲けずじまいだし
偵察に来たトンボは「あれ?今日は水無い!やーめた」と帰っちゃうし
1268
こんな用意をすると糸でも染めたいところですが・・・
ビニル袋を二重にしてセメントをもみもみ(唐揚げ粉の要領ね)
1269
最初 要らないプラ板をヘラ代わりにしてたんですが
曲面なので手で塗ったほうが早かった
   これで防水できたかなぁ。。
 

この後 腰が痛くて寝込んだのは言うまでもありません
相変わらず刺繍進まず。。。
あほな鯉幟なんか作ってたし
 

  
 
   
 
1270
昔 刺したものです

 
さ、これからまた通常運転です~

2010.05.06 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

鯉になった唐辛子

花菖蒲というのでしょうか?
1248
アイリスの仲間も種類がたくさんあって
1249
区別がつきません
1250
1251
青に黄色は私の中であやめのイメージ
1261
 
 
 
 

  
コチュ(唐辛子)を作るときの型紙を使って
1272
(これはヨルセッペ=キーホルダー)
1276
↑こういうやつね
ヘタをつけないので絞り口の縫い代は中へ折り込みました
 

白と黒の刺繍糸で鯉にしてみました
1271
最初 横着してコチュにしてから刺繍しようとしましたが
立体に刺すのは難しい・・・特に小さな曲線は無理でした
結局 いつものように布を枠に張って刺繍してから仕立てました
 
 
韓国に鯉幟はありません
  


東海岸の江陵(カンヌン)に有名な端午祭(タノジェ)があり
ユネスコによって2005年無形遺産に選定されたそうです
 http://www.accu.or.jp/masterpiece/33apa_jp.htm
 
1986年だったか87年に江陵を訪ねたとき
時季はずれだったのですが端午祭の会場へ行ってみたら
リハーサルというかTV取材をしていて
わざわざ日本人が見に来た!ってことで急遽出演したことがありました
放映されたかどうかは知りません
カットされたことを祈ります
韓国語たどたどしかったし。。
でもその時は恐いもの知らずでしたね
 
後に韓国刺繍でアリランTVに出たことがありました
インタビューシーンの撮影を頼まれたけど
下手な韓国語を公共の電波に乗せたくなくて
刺繍してる姿の出演だけで勘弁してもらいました

2010.05.05 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

お仕立てあがり

ついこのあいだ
1265
にょきにょき出てきたばかりと思っていたのに
1264
あっというまに伸びてきて
1263 
花をつけた甘野老(アマドコロ お花が2個ずつ付きます
1262
たった2週間ほどのことです
(鳴子百合ナルコユリという名で売ってることもあるそうです)
 
花の成長が早いのか、私のやることがのろいのか 
 
 
  
 
前の白いのと合わせて
1237
綿を詰めてぷっくり  
お仕立て上がりなんてタイトルつけちゃいましたが
自分で縫ってます 
  
 

2010.05.04 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

再会

昨年秋のいただきものの胡蝶蘭
1259
冬を越せないと思って植え替えもせず放置してありました
葉が自然に枯れるまでは、とお水はときどきあげてました
1260
再び咲きました 
 
 
 
 
  
1236 
冬ソナファンの皆様おまたせしました
(別に待ってないか?)

2010.05.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

ちょっとあそんでみました2

クロユリさん
1241
栽培が難しいのかな~?と思いつつも
1242
植木鉢に埋めて庭に放置して置いただけですが
1243
咲きましたねー
 
淀君とねねのバトルを思い出しました
おお こわっ

 

  

1234
ユジン

2010.05.02 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

ちょっとあそんでみました

ハナニラが咲き乱れていた
1255
梅の木の根元は
1252
取って代わってすずらんの葉がにょきにょき
1253
小さな白い花がころころと咲いています
1254
5月1日ってフランスでミュゲ(すずらん)祭りなんだそうですね
すずらんを贈られた人は幸せになるとか
写真だけですが
1257
みなさまに幸運が訪れますように
  いい香りも届くといいんだけど
  
 
  
1235
チュンサン

2010.05.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。