スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

展示会のお知らせ

二つ前の記事で純白のクリスマスローズがピンクに

日焼けしてましたが

カレンデュラコーヒークリームさんも

1013

今週咲いた花は

1014

ん?

1015

明らかに違いますね

日差しが強くなって春なんですね~

 

春のお知らせ

中部地方で活躍されているポジャギ作家

板倉倫子先生の工房CHA-CHAが拡張リニューアルし

これからギャラリーとしての役割も担っていかれるそうです

 

これをお祝いして僭越ながら拙作を展示させていただくことになりました

生憎新作はないのですが

於:工房CHA-CHA アクティブG(JR岐阜駅直結) 3F

会期:2010年3月11日(木)~22日(月)

午前10時~午後7時

3月16日(火)は休館日

 

お花は私宛にはご辞退申し上げますが

板倉先生宛てにはどうぞご遠慮なく!

スポンサーサイト

2010.02.27 | | コメント(12) | トラックバック(0) | 未分類

ぬび熱3

 秋に実をつけたら株が育たないと思って

1079

つぼみのときにみんなもいでしまったのです

1080

1081

ひとつだけ!

1082

と そっと見守ってきました

1083

種から赤くなるんだぁ~

1084

裏も日に当てなきゃ

1085

ちょっと苦しい体勢だけど我慢してね

そろそろね~

今日もたくさんお日様浴びたし~

と夕方ビニルをかけに行ったら・・・

 

なかった

 

野生生物ばんざい! 

 

 

 

以前作ったポソンの携帯ケース

裏地をフリースにした手抜きだったんですが 

1051

今回はまじめに?ヌビりました

いえ、それでもヌビのやり方は手抜きです

お花の刺繍をやめた分 チャッシを刺繍にしました

1052 1053 1054

履き口後部にスリットを入れパクチをつけました

もう少し大きいほうがバランスが良かったですね 

2010.02.25 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 未分類

つぼみ

暖かくなってつぼみがいつ開こうか迷っている姿(?)

1098

1096

プリムラ・マラコイデス(なんとか桜草 種類多くて名前覚えられないです

1097

花かんざし(ペーパーカスケード)

ポップコーンがはじける直前みたいです

 

 

  

バレンタインのときのハートはどうなったかというと

つぼみと蝶を足しました

1094

この布には違う図案を刺そうと思っていたのに

忘れて(よくあることです)

チョバウィを作ってしまったので

予定よりかなり小さくなりました 

2010.02.23 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

蝶々

日が長くなりましたね

真冬は朝夕のわずかな時間しか日が射さない我が庭も

太陽も高くなって日の射す時間が増えました

 

春を感じさせるクリスマスローズ・ニゲルさん

1095

ピンクに変身です

1026

3週間前は純白の清楚な花だったんですけど

 

 

 

 前記事のチョバウィにスル(房)をつける代わりに

見つけたのがこれ

1093

蝶々の串刺しです

ばらして1匹だけつけようと思ってます

この布には右の赤瑪瑙(レッド・アゲート/カーネリアン)ですね

左の紫水晶(アメジスト)ではボケてしまいますね

でも紫水晶は韓国の特産品なんですね

(ツアーで韓国へ行った方は土産物屋に連れてかれたことがあるかも?)

こっちの方が韓国らしさをだせるのかな?

何か別のものに活用しようと思います

 ちなみに

赤瑪瑙は健康と長寿、勇気・雄弁の力を授かるという意味が

紫水晶は心に平穏をもたらし、安らぎと癒しをもたらしてくれると意味があるそうです

2010.02.21 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

ぬび熱2

『そろそろ咲く?』

1072

『まだ。ストーカーいるし』なんて会話が聞こえそう

 1091

二人目の犠牲者・・・

1092

蕾をバッサリしたあと茎の付け根を再度バッサリ

1073

左は一番早く蕾がでてきたのに

1074

石の影で日当たり悪く後輩たちに抜かれてしまった

でもストーカー被害に合わなかったから幸いかも

 

 

  

 胸がいたかったキルトを終えて

(1年10ヶ月かかりましたけどね)

やっとヌビに手をつけました

 

ハートの牡丹を二つ並べまして

1075

板の上で針をかっつん かっつん

針というか指の使い方がぜんぜんちがいますね

1076

わんちゃんのマント

のようでしょう?

1078

懲りずにまたチョバウィです

1077

正面にスル(房)がないと間が抜けますね

表はミョンジュ明紬、裏はタン緞です

ヌビ用の綿花入れてます 幅約1cmです

しょぼい刺繍とつたないヌビをふわふわでごまかそうと

フェイクファーをつけました

縁取りだけなので裏はすっきりしていて大人でも被れます

トップにもつけたのが なんだかバート(セサミストリートの)みたい

顔周りだけのほうが良かったかな? 

2010.02.18 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 未分類

刺し子?

  水のやりすぎなのか土が流出し

スカスカのビニルポットで瀕死状態で売られていた

カレンデュラ・ウィンターサン

1091

大きな鉢に移してあげたら這性なので

1089

四方に伸び放題でうまく写真におさまらない

1090

後ろのコーヒークリームに比べてお花が小さいのですが

1088

鮮やかな黄色が存在感大です

 

 

 

韓国刺繍に関係ないネタがつづいてすみませんが・・・

いただいたコメントの中で刺し子のことが書かれていて

はっ!

↓これって刺し子のサンプラーのようなものでしょうか?

1092

少し前に発掘した祖母の刺したもの(たぶん)

和紙(障子紙くらいの厚さ)に刺してあります

布がもったいなくて和紙に刺したのか?

裏の糸の動きが透けて見えるからあえて和紙に刺したのか?

裏の糸の動きは無駄が無く透けても見苦しくないのです

ということは一重の布に刺すことを想定したものなのでしょうか?

2010.02.17 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 未分類

ぬび熱

これも花びらもハートなのかな?

1058

 

  

 冬から春に向かうこの季節

毎年1月東京ドームで行われているキルトショーのおかげで?

胸が痛かった

いつまでたってもミカン畑から出荷できないキルトがあったから

今年はヌビ(韓国伝統のキルト)の特別展まであったのでよけいに胸が痛い

   

韓国で習ったヌビのティッシュケースを見るとヌビやりたい熱がでそう

1011

それにはキルトやっつけてしまわないと・・・

  

そーいえば綿を入れないヌビというのがあるとか?

ん?ぐし縫いってこと?

1012

こんなんでいいの?(7年ぐらい前に作った葉っぱ)

1013

違いますよねjumee☆sweat2Rb

2010.02.15 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

おまけハート

このプリムラジュリアンも

1057

花びらがハートになってる

 

 

  

ハートを刺してる方が多いので

10861087

ちょっとおまけに刺してみました

2010.02.14 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

ハートがいっぱい

週の前半暖かかったですね

外ではどんなにお天気よく暖かくても

1066 

すましていたガンダーラプソディさんですが室内では

1067

ピンクが濃くなってるし

10691068

ぽわわ~ん

1070

メルヘンチックよ

 

 

 

明日は旧正月でもあるけどバレンタインデーでもあるし

 ハートでできた牡丹の花を

1071

やさしい色合いでちと韓国らしさが足りないけど

2010.02.13 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

副産物

プリムラ・ジュリアンの赤は

1059

雨にぬれると色がくすんでしまうのが残念

 

 

 

 チョバウィのすきまに刺したちょこっと刺繍

こんなん どうかしら?

1046

1047

無国籍な感は否めない

黒い布に刺繍したのだから

手帳は黒じゃないほうがよかったかな?

ハングルの韓紙を貼るといいのかもね

2010.02.11 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

ちょばうぃ(防寒帽)完成

まだまだ頑張るアバとシレスタさん

1064

暖房入れてない部屋においているので

室内でもけっこう長くもっています

 

 

 

 無事ソル(旧正月 今年は2月14日)に間に合いました!

 チョバウィ1年がかりでできました

 1050

珊瑚(もちろんアクリル玉)は扇嚢に使おうと用意したけど

大きすぎて使い道がなかったもの

このチョバウィにはもう少し大きい玉のほうが似合うんですけど

1065

(正面から見ると左右のコウモリがずれてるけどスルでごまかし)

内側はフェイクファーをつけました(ちょっともたついた)

フェイクファーは小学生の時 流行ってたぬいぐるみ作り以来かも

当時はシールって呼んでたと思うけど

もちろん一針一針手縫い

刺繍より肩こるわ~

 

着画でもあるといいのですが

おこちゃまサイズなので自分の頭は入りません

誰かモデルやってくれないかな~?

2010.02.09 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

すきま7

ちいさな花がいっぱいのスイートアリッサム

 1063

鼻をちかづけるといい香りです

白だけだったんですが寂しいので赤も合流しました

 

 

 

すきま埋めもこれで最後

1045

ちまちましててかなり時間かかりました 

2010.02.08 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

すきま6

葉牡丹ってずんぐりしてるようだけど

1062

案外背が高くなるんですね~

1061

秋ごろにバランスを崩し倒れ掛かっていたので

テキトーにぽきぽき折って地面に挿しておいたんですが

枯れませんね

  1060

こぼれ種からも発芽してます

 

 

  

昨日までより一寸手の込んだ図案にしました

1037

記憶力の良いそこの方!

その通り!

これの色違いです

804

韓国刺繍によく使う技法が詰まったこの図案

何度刺しても飽きることがないです

 

そろそろ巻いていかないと・・・

2010.02.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

すきま5

プリムラって春一番に咲くって意味なんだそうですね?1056

プリムラ・ジュリアンは冬からずーっと咲いてます

 野生だと本当はいつ咲くのでしょうね?

 

 

 

受験生にはいつもサクラが咲きますように 

1036

2010.02.06 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

すきま4

かわいい形のお花を見たくて植えたスノードロップ

1040

葉が開いてすぐに出てきた蕾もあれば

1041

なかなか出れない蕾も

1042

1043

ほっそりしていた蕾も

1044

 ぽってりするほどにうつむいて

 

そろそろ今日あたり・・

1048

      

 

 

1049 

 

他のつぼみは頑張って咲いて欲しい

 

 

  

1035


続きを読む

2010.02.05 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

すきま3

年末にもう花が終わりかけで投売りされてた

1033

忘れな草

1032

寒さに強いというけど可憐な花が可哀想に見えて

トロ箱に入れビニルをかけておいたらピンクになってしまいました

1031

甘やかして今は室内ですがキレイなブルーに戻っています

 

 

 

1030

色はちがうけど小さな花を刺しました

2010.02.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

書 X 額

メジロはさざんかの蜜が好き

1038

風もないのに葉が動いていたらこの中にいる証拠です

  

 

額装でお世話になっているアートサロンGARO額装工房

額装デザイナー岩下大輔さん

書道家の武田双雲さんコラボ展があるそうです

 

2月9日(火)~14日(日)

午前10時-午後6時(最終日は午後4時まで)

名古屋 ノリタケギャラリー栄 (入場無料)

http://www.noritake.co.jp/company/culture/artist/gallery/0202.html

1039

武田双雲さんは昨年の大河ドラマ「天地人」の題字を書かれた方ですね

岩下さんは武田さんの作品の額や軸をずっと手がけてらっしゃるそうで

ほんとセンスがよくて(工房のサイトをチェックして見て下さいね) 私の

刺繍もステキに額装してくださった方です

 

お近くの方は是非見に行ってくださいね


続きを読む

2010.02.02 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

すきま2

ヒヤシンス咲き始めたんですが・・・ 

 1019

白のヒヤシンスは何か悩みでもあるかのようにかたむいています

右端のように茎がすぅーっと立ち上がってから蕾が開きだせば

ピンクのようにまっすぐになったと思うのですが

右手前の黄色のように葉が開かず茎も伸びないうちに花が咲き始めてしまったようです

黄色も白と同じ運命をたどるかと思いきや

1020

双頭になり左右に傾きつつあります

1021

へろへろになったピンクも下から新しい花が

1022

ブルーはピンクと同じスタイルのようで

もうひとつの花が控えています

 

オレンジは動きがなくトリをねらっているようです

 

 

  

1034

なんか蛾のようになってしまいました

2010.02.01 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。