さいさい

 桔梗のつぼみ確認しました!

555

556

557

558

外側が開いてから内側かと思ったら

ほぼ同時に開くのですねー

(あ、誰も興味なかったかしら?汗;

 

2週間ほどまえ 何の花かわからなかったものが

 判明~

561562

コンロンカ崑崙花

別名ハンカチの花というそうです

 

 

 

 

 後光の枠とめらめら身光の間に

線をいれました。

521

この辺です

521a

直線もむずかしいけど

なみなみさせるのも難しかった。

2009.06.30 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

わくわく

夏の花が咲き始めました。

548

茄子

549

雄しべが小さなバナナのように見えませんか?

 

546

八重の桔梗。

547

いかにも「ぽんおり」って形の蕾。

内側の5枚はどうなっているのかしら?

  蕾は二重になっているのかしら?

咲く瞬間をとらえたいですね

 

 

白以外の納衣のひだに線をいれました。 

518 

遠めにはよくみえないかもしれませんが・・・

こんなとことか

519 

こんなとこです。

520

 餅切れ状態で刺しているのは

ひたすらソンス(線繍 アウトラインステッチ)です。

いかに滑らかな線にできるかで見栄えがぐんと違いますね。

 

フランス刺繍をされている方が

「サテンステッチに始まりサテンステッチに終わる」と

おっしゃっていたのを聞いたことがありますが

私はピョンス(平繍 サテンステッチ)に加えソンスかなぁと。

面と線をあらわす二つの技法。

どちらもシンプルだからこそ習熟度によって

出来栄えが大きく違う気がします。

私にはまだまだ遠い道のりだなぁ。。

2009.06.28 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

途中休憩5

また休憩?とお思いでしょうが・・

 

各国の国旗をニットで編んでいらっしゃるCrokoさんが

マダガスカルの国旗を編まれたのを見て

マダガスカルのサイトをうろうろ

 

ステキなショップ見つけました。

545

http://aloalo.com/default.asp?id=47&mnu=47

プレステージ、葉っぱ、お花のどこからか入って

右に出てくるAloalo Linges de Tableの中をあちこちクリック

 

バオバブの木や旅人の木のデザインはマダガスカルならでは

モンステラなどはハワイアンキルトのようでもあり

竹や蓮をあしらったものはアジアの香り。

543

立体のお花は取り外しができるんですって。

544

ポジャギ(チョガッポ)に良く使われる透ける布で

こんなの作ったら涼しげでしょうね~

 

あぁーハワイアンキルトの宿題進んでないんだなぁ。。。

2009.06.26 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

囲み

タカサキレンゲ高咲蓮華というらしい。

531

咲き始めは10cmもないのに

どんどん伸びて50cmほど立ち上がると・・・

倒れます。

 

立ち上がらず垂れ下がる

ノウゼンカズラ凌霄花

539

道路にはみ出してしまうので ときどきバッサリ切ります。

   

浮くのは睡蓮

540

どこからか水が漏るらしく雨が降る日はいいんですが

晴れが続くと干上がります。

 

 池の環境は不安定なので

箱入り娘の熱帯睡蓮は洗面器に入れてます。

(寒くなったらこのままお部屋の中へ取り込めるし)

541

仏陀の目は青い蓮(睡蓮)の色だって

どーゆー色よ?と思って買ってみました。

(3週間前小さな葉っぱがぴら~と2枚くらいあるだけで心配でしたが、

あれよあれよという間に花が咲きました)

これは水色で、青いの(たぶんもっと濃い青)は

まだ咲いてないのですが

これはこれでキレイ!

 

Wikipediaに 

神聖なるハス

古代エジプトの壁画や彫刻に「神聖なるハス」という言葉が残されているが、エジプトにハスは自生しておらず、スイレンがそれに該当する。 古代エジプトにおいて神聖なるものとされていたスイレンだが、特に青スイレンは日の出とともに花が開き、日没とともに花を閉じる規則性から「太陽の花」という異名をつけられていた。

  って書いてありましたー

青い睡蓮は神々しいのねBrilliant.

 

 

 

  

ここから残り半分は地味~な工程です。

主に囲み線をつけていきます。

483

517

白い袈裟(納衣)のひだに囲み線をつけました。

ちまちました曲線が結構時間かかるのよね。

時間の割りに面が埋まっていかないので進んだ気がしない。

で、餅切れになるってわけ

(餅=モチベーション)

 

実は記事のアップはタイムラグがあるのですが・・・

なにしろこの部分の囲み線だけで2週間を費やしました。

それで御餅たくさん、サクサクもちもち進んでたところを切り餅にしてアップして時間稼ぎました。

このあとホントみてて退屈な絵ヅラなので

早送りでアップすることになります。


続きを読む

2009.06.25 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

途中休憩4

  春の花だと思っていたけど1年中咲き続けるらしい。

537

今 数は少ない花に舞い降りたのは

羽の破れたシジミチョウ

 

パンジーの花言葉:平和

 

  

最近プリンターを買いまして

いまどきの4役タイプなので 早速スキャナーを試そうと

写真やらスライドやらの入った箱を開けたら一番上にあったのが・・

刺繍の発祥地イランを訪れたときの写真。(昔よ。昔)

534

イランのバムでしばらくお世話になっていたお家で。

(2003年大震災があったところ・・・)

奥様がバロチ族で民族衣装を着てみなよ!と。

これはプリントですが

もうひとつは刺繍!刺繍!(ペルシャ刺繍とはいえないけど)

535

すごーく広いお庭で右に見えるのはベッド。

(夜は外のほうが涼しいから。でも蚊が・・・)

木の後ろに見える黄色い壁がパラダイスの語源となっている

家を囲む高い塀。

536

塀の中では、というかパーティなんて行くと

チャドルの下には驚くほどハデハデ・キラキラな服を着ているのですよぉ

まさにパラダイス!

 

パラダイスの外は・・・

538

もちろんチャドル着用。

ホントは単純な長方形の布で

内側から片手であごの下を押さえ、もう片方の手で前がはだけないように

布をしっかり掴むのですが、両手を自由にしたかったので

あご紐をつけデイパックを背負った上に着れるようにたっぷりの布で仕立ててもらい

自分でさらに前にスナップを縫い付けて開かないようにしたもの。

 

保守的なところでなければグレーや紺色もOK.

都市部はスカーフにマント(コートのこと)も多い

 

誰もが無事でありますように。

2009.06.23 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

紺青

擬宝珠ギボウシが咲き始めました。

529

咲く寸前の膨らんだ状態でもこれくらい。

533

 橋の欄干の上についてる擬宝珠とは似ても似つかないのですが。。

 

528

これは何でしょうね?

530

これはカラーの仲間のようです

サトイモ科なら種でなく球根だと思うのですが。。

植えてないけど鳥は球根も食べてここで落し物をしていったのかしら?

  

今日の収穫。

ミニトマト、生食用シシトウ、ズッキーニ 

 527

少し鳥におすそ分けと思って採らずにおいたミニトマト。

鳥は興味ないらしい。

  

 

 

お絵かきソフトでぬり絵してみた

479

 う~ん。

これはどうかしら?

477

糸の束になってるときはもっと濃い色に見えるけど

刺すと違うのよね。薄すぎる・・

 

二十光背(頭光+身光)に使った紺色より少し薄めはどうだ?

478

初代三平師匠になってしまう。。

どーもすみません

刺してみないとよくわかんないねぇ。

481

やっぱ左かしらね

482

全体像

483

遠めには青だかなんだか・・・だけど。

これで面が埋まりました(目は最後)。

やっと半分、折り返し地点です。

   

以前手持ちのピンクの糸を数えたら

明らかにオレンジとか紅とか呼びそうなのを除いて

40色以上あった。

数えてないけどたぶん青はもっとある。

これ!という色がすぐに決まるときもあれば

刺しては解いて刺しては解いてを繰り返すことも。

今回は事前の勉強不足がいけなかった。反省。

2009.06.22 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

この花は・・・・ 

 516

アップルミント?

レモンバームと思ってお茶してたやつですが

アップルの香りもレモンの香りもしませんが。

私の嗅覚が悪いだけってことかしら?

  

  

  

  

 

面で刺す残りは髪の毛と目だけになりました。

目は確か青い蓮華の色(ハスでなくスイレンらしい)

どこかで読んだのでにするつもりでいました。

471

が、ここまで毛髪を黒糸で刺したところで

ふと気になって調べたら・・・・

三十二相八十種好という

仏の身体的特徴というのがあるんだそうで

(勉強不足ですみません)

毛は紺青色とかえぇ

 あわてて本をチェックすると。。

472473

474475

476

(上の二つは刺繍。ほかは織物です)

あ、あ、青いわ~

もちろん目も青いし

毛だから眉毛も青い

 

解き決定。

刺す前にちゃんと調べておけばよかったわ

 

今日は久しぶりに上腕が筋肉痛。

2009.06.19 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

局所的な雷雨。

すごかったですね。

513

シシトウ

514

512

ギボウシ

 

峠を越したみたいです。

 515

 雨上がり

  

 

 

 

 

 

蓮華座の花びらも最後数枚。

462

 身光の刺してない部分を埋めないと

刺せない所まできました。

 

 

 で

470 
刺しました。紺色で。 

2009.06.17 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

はな  (追記あり:展示会案内)

あっつ! 

506

すっかり真夏のような暑さですね。

507

うなだれていたユリはクリーム色の花を咲かせました。

なんか形がヘン

 

 

一方 元気なのはズッキーニ。

ホバッ料理(ホバック=ズッキーニ)を

食べるのを楽しみにしているのですが

あ~ ホバックナムルでしょー

ホバックチョンでしょ

ホバックチムでしょー

ホバックポックムでしょー

ホバックチヂミでしょー

カルククスにも入れてー

テンジャンチゲにも入れてー

ラタトゥイユもいいしね~

あまり自己主張のない味だから何にでもOKよね~絵文字名を入力してください

 508

このゴールドに輝く花も食べられるそうですね。

なんて美しいドレープかしら

(日が昇ってしぼみかけです)

そして

509

ホイップクリーム

510

いえ、ケーキ職人がこれを再現しようと口金を考案したのでしょうね。

 

あぁ、こんなに美しい花を糸で描けたらどんなにいいでしょう

(ホントは食べることで頭がいっぱいです)

 

 

蓮華座の手前側の花びらです。

大きい花びらを3連続でどうぞ。

466

460

462

袈裟(納衣というのかしら?)をオフホワイトでなく

ベージュで刺したことで蓮の花の清らかさが引き立ったんじゃないかと

ちょっと満足。

 

え?よく見えない?

467468461

赤と白の2色のように見えますが

サーモンピンクの濃、中、薄の3色です。

 

 

 

 

 

 


続きを読む

2009.06.15 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

蒸し暑いですね。

湿度・気温ともにベストコンディションで私の出る幕がないほど

植物同士のバトルがすごいことになっています。

503

うつむき加減のユリのつぼみの右に見えるのは桔梗草。

504

開いた花はそうでもないけど蕾は確かに桔梗と同じ。

韓国語で蕾をぽんおりって言うんですが

ぼんぼりと音が似ているので(ぼんぼりの語源はぼんやりだそうですが)

ぽんおりって聞くと ついお雛様のぼんぼりのような

こんな まんまるな蕾をイメージしてしまいます。

 

これもまるい

505

 

 

 

 

 

 

 

  

 

こちらもまるい・・・

459

肉髻(にっけい/にくげい)というのでしょうか?

こぶ?

髪の毛は後ほど。

 

2009.06.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

梅雨入りですね。

雨が降り出す前に白いアマリリスも咲きました。

491

こちらは豊作の予感の南天の花。

502

鳥が食べる→落し物をする→南天が芽生える

ゆっくりですが南天も雑草並みに増え続けてます~

 

   

 

 顔のベースと唇を刺しました。

458

下絵より口角を上げ、目じりを少しさげました。

といっても目は最後に刺すつもりなのでまだ埋まってません。

2009.06.11 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

途中休憩3

金曜の夜一瞬 蝉始鳴(せみのはつなき)を

聞いたような。。。。空耳だったかしら?

 

暑くなるといろいろな虫がでてきて

ありがたくない虫もおおいですが

これはOK

430

蚊を食べていただくので大切なお客様です。

近所の公園の池↓から遠征して来てくれます。

495

左のトンガリツリーの後ろが年々増殖中のアジサイ

(昨年の記事はこちら

496

今 三分咲きくらいでしょうか

498

韓国でアジサイは紫陽花チャヤンファより水菊スグックの方が通じるみたいです。

497

花を乾燥させると解熱剤になるそうでスグッチャ水菊茶って売ってるんですね。

492

飲んだこと無いけど

: 

春の梅のコースターにつづき

今回はモシ(苧麻)で

夏のコースターを作りました。

488

あえてアジサイとは言いませんが。

五味子(オミジャ)茶をいれてみた。

494

韓国から持ち帰った五味子の実です(日本持込可だそうです)

493

こんな風になっているらしい

 

私にとってアジサイは青や紫のイメージ。

でもそういう色のモシは持っていなかったので

タンで作りました。(モシのコースターよりかなり小さいです)

499  

サイドを広げれば同じように

489

こっちはレモンバームティー

たぶんレモンバーム。庭に雑草のように生えてます。

500

レモンバームであってますか?

501

 

紫の布は

487

一応アジサイ模様なんだけど

490
どこにあるんだか。。。まったく見えないsn

 

チョガッポ(ポジャギ)をなさっている方なら

もっといろいろな色をつぎはぎしてカラフルな物を作られるでしょうね。

冬用は木綿にヌビ(韓国キルト)ってふかふかにしたら保温性があってよさそう。

ミョンジュは濡れると色が変わるから向いてないと思うのですが、どうでしょう?

この写真撮ってる最中に五味子茶をコースターにこぼし

あぁ”~!

すぐ洗ったから

たぶん大丈夫。

2009.06.08 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

ゴールド

 梅の木のその後

今年はやたら虫がついてしまいました。

484

角度を変えて見ると・・・

485

何か変身ものに出てくるような面構えですね。

Happy-face spiderみたいな口を描きたくなる

http://photography.nationalgeographic.com/photography/enlarge/spider-guarding-eggs_pod_image.html

ほかにもいろいろな顔があります。検索してみてね。

このテントウムシのお子ちゃまもたくさんいるのですが

どっちが目当てかわかりませんが毎朝うるさくにぎやかに

シジュウカラが20羽ほど団体で朝食ビュッフェにくるので

シジュウカラにはハッピーな顔なんですね。

 

484

コンボルブルスにめげず百合が咲き始めました。

485

ユリってそばかすがかわいい~

 

    

仏陀本体は緊張します。

手と胴を刺しました。

436

胴は途中変化に乏しく けっこう長い道のりでした。

次は顔。一番最後にしたい気持ちもあるけど。

2009.06.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

 北側の日陰で

可憐なユキノシタが咲いています。 

432

昨年、周りの小石をどけて

カタバミを取り除いたのが良かったみたいです。

480 

カタバミの地下組織もすごい!

大きくなるとクラスター爆弾

さらに放置すると根は大根になる!

 

 

 

 

 

 

白い袈裟(納衣)の半分を終えてぐったり。 

427

そろそろペースが落ちてきました。

 

  残り半分を刺し終えました。

428

全体の5分の1終わったくらいでしょうか。

まだまだ先は長いです。

2009.06.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています