スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

モンシロチョウ

秋から毎日庭に遊びに来てくれていたジョウビタキの嬢ちゃん。

387

(まだ梅が咲いていたころ。後ろ姿が美しい)

彼岸を過ぎたらパタリと来なくなりました。

もう大陸へ旅立ったのでしょうか?  

  388

 (ぷっくりしててかわいいー。実は寒いだけなんだけど

 

CDのセタリョン(鳥打令)を聴いていたら

ジョウビタキのJoe君が来るようになりました。

389

(目の周りが黒いというか剃り込みをいれてるようです)

391

(メスに比べて白の三角がはっきりしない)

招かれざる野生植物と私のバトル(雑草取り)で

土の香りがしたのでしょう。ごはんだ~!と

どちらも太陽が西に傾き 庭の半分が日陰になる時間帯に来ます。

マジックアワーならぬジョウビタキアワーです。

そしてどちらもお気に入りの石が

ブルーの石と道祖神もどきの石。

日向と日陰の境界線にあるのです。

390

何が魅力なんだろう?

 

メスオス交代と時を同じくして

蝶が来るようになりました。

385

最初に来たのはモンシロチョウ

 

386

幼少のころの姿の名残の部分に曲線つけてます。

この長さというか大きさに対し

多すぎてもおかしい。

少なすぎてもおかしい。

刺す前に悩み

刺してはほどいて悩み

刺し終わってもこれでいいのかと悩む。

 

何本くらいどれくらいの間隔でいれるかが悩むところです。 

スポンサーサイト

2009.03.27 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

輪郭線

  春の嵐でしょうか、風が強いですね。

385

庭でも桜咲いてます。一応

384

でもナニザクラか名前がわかりません。

 

   

  

 

382

輪郭だけで中が埋まっていないと

「未完」とみなされるのですが

あえて輪郭線だけで刺してみました。

最初は金糸か銀糸の2本取りでと思ったのですが

春めいてきた庭を見て

色糸で刺すことにしました。

(化学染料の落ち着きの無い色がいただけませんが)

細い幅のピョンス(サテンステッチ)を最近刺してなかったので

いい練習になりました。難しい。。。

がたがたになってる茎は刺しなおす予定です。 

 

  

庭には以前 芍薬があったことがありましたが

牡丹はありません。

ほしいなぁ・・・

2009.03.24 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

土の香り

最近 刺繍をするときのBGMは

380

池成子先生のカヤグム(伽耶琴)のCDです。

 

  

 20年以上前にほんの短い期間でしたが

池成子先生に接する機会がありました。

 とても厳しく 同時にとても暖かく

何でも受け止めてくださる大地のような先生でした。

 

そんな先生のお人柄が出たソリ(音)。

植物が枯れ果ててしまう厳しい冬を乗り越え

春には花を咲かせ・・

土の香りがする。。と思ったら

CDとセットの本はドヒャン(土香)という出版社から出ていました。

381

先生はソウル生まれですが

師でありご母堂様である成錦鳶先生は

(ご尊父である池瑛熙先生ともに人間文化財)

芸の都 全羅道ご出身です。

 

  

そういえば刺繍の先生も全羅道ご出身でした。

仏教とともに伝来した刺繍を探求するために

中国にパキスタンにと足を運ばれていました。

せめて私は全羅道に行かないと。

  

そんなことを考えつつ

CDのブックレットに目をやると最初のページで

口伝心授という言葉が目に飛び込んできました。

刺繍も口伝で習いましたが

心授が私には欠けているのだと

改めて気づきました。

 

しばらく渡韓できる状況ではないので

心授の機会がありませんが

何か土の香りがするような作品を

刺してみたいと思いました。

 (そんな表現力が私にあるのか?・・・ない。ま、気持の問題で)

379

土の香りにはほど遠い・・・前回のつづき 

  

 

 **********************************************

収録曲(本/CDともに)

ポリョム(報念)

ユクチャペギ

チャジンユクチャペギ

サムサヌンパンラク(三山半落)

ケゴリタリョン

フンタリョン

サチョルガ

セタリョン(鳥打令)

頒布価格 本:3000円/CD:3000円

CDおよび本の日本での頒布問い合わせ先は

池成子伽耶琴研究所 pakuko@dol.hi-ho.ne.jp


続きを読む

2009.03.21 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

天使の羽

昨日から刺しはじめたものですが

(前のはどうなってる?というつっこみはご遠慮ください)

うぷぷな模様になったので途中ですが

天使の羽とおしり
376

 もちろんまったく違う図案ですが、ある部分をひっくり返してみたら

こうなりました。

 

 

 

 

 

関係ありませんが

前から気になっていた野ざらしになっていた箱。

377

祖母のお針箱だったそうです。

378

右上の蓋をあけて

くけ台が飛び出してくる(手動ですが)空間の

内側についた滑車?2個はどう使うのでしょうか?


続きを読む

2009.03.12 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 未分類

梅のコースター

お庭では八重梅が満開です。

372

昨年流行った(?)変形如意珠紋。

よさそうな大きさの端切れが出たので

作ってみました。

375
1時間もあればできると思っていたけど・・

きっちり計ってないので

最後で角が合わないうーん

374
2時間ほどアイロンで押さえ込んだり

なんとかごまかそうとしてみたけど

諦めました。

373

つくづく私ポジャギ(チョガッポ)作りには向いてないと思う。 

2009.03.09 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 未分類

額の中のポジャギ (続きがあります)

368369

(画廊の許可を頂き案内状を転載させていただきました)

  

  

2002年2004年と、当画廊で、独自のポジャギの世界を見せてくれた作家による久々の個展。今展では、ポジャギのエッセンスを額の中に閉じこめた詩情豊かな作品を中心に、韓国の手仕事の魅力を伝えます。

 

 パク・テヒョン展 額の中のポジャギ

2009年3月6日(金)~18日(水)午前11時~午後7時

3月12日(木)休廊

 画廊椿

千葉市中央区春日 2-2-9
TEL.043-247-5906
FAX.043-247-5920
JR総武線西千葉駅南口より直進徒歩3分

 

 

 

   

画廊のサイトで展示の様子も少し見れます。

が、私は案内状に載ってる

370

http://www.ne.jp/asahi/gallery/tsubaki/

このサイトトップの額が気になります。

 

それと案内状の通常は切手を貼る部分↓

 371

 

展示会の様子はポジャギ(POJAGI)工房Yangja-pangで紹介されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


続きを読む

2009.03.06 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

韓国で桃の節句は何もないのですが

今までの中で天桃をピックアップしてみました。

365

 

364

 

366

 

367

2009.03.02 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。