箸袋

引き続き製作中断中なので

また旧ブログに掲載済みのものです。

旧ブログからお付き合いいただいている方々には

申し訳ありませんが。。

159

お箸とお匙のセットを入れるので

日本にお箸入れより幅広です。

 

韓国は金属のお箸とお匙なので

洗ってさっと拭いていれてもよさそうですが、

木のお箸だと洗って湿り気が残るうちに

これに入れるのあまり望ましくないかも

2008.06.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

鳥さん

相変わらず製作停滞中です。

 

旧ブログに載せていて現ブログに載せていなかったものをおひとつ。

155
紐付きのスボ(繍ポジャギ)ですが本体部分のみ。

156

元の遺物はこんなんです

鳥が互いにそっぽを向いていたのを

仲良く向き合うように変えました(私の先生がね。)

 

全体がもこもこ丸っこいのが気に入ってます。

右上と左下の鳥のおしり

ちょうちんブルマをはいてるみたいでしょ?

鳥以外はチャリッス(畳の目のように見える刺し方)です。

158
上の両脇の葉っぱのような同系色のグラデーションより

下部のチャリッスはかすりのようでおもしろいです。

配色をどうするか悩んでは刺し、

でもうーん・・・と解いてまた刺し。。

 

チョガッポをされる方は

この楽しい悩みをいつも味わっていらっしゃるのでしょうか?

 

157
こちらは単純な縞々です。

お腹のV字からスタートし・・・

顔の部分に白っぽい色が来てしまい

包帯を巻いたミイラのようになってしまいました。

 

 

2008.06.25 | | コメント(9) | トラックバック(0) | 未分類

蓮の花

いつも見に来てくださりありがとうございます。

今日初めていらした方もありがとうございます。

 

しばし製作が中断しておりますm(_ _)m

 

ネタがないので

展示会に出せなかった蓮の花6個をどうぞ。

初期のでかなーりひどい。

149-154
時間に追われてあせるといけない見本です。

ま、元が不器用だってのも大きかったけどね^^;

 

 「私、不器用だけど刺繍できるかしら?」

とおっしゃる方がいらっしゃいますが(多分に謙遜だけですが)

これをみてご安心下さい。

 

 

「不器用は慣れていないだけ」

ウクライナ刺繍にエッグアートと

すばらしい作品を創り続けていらっしゃる

いち子先生の名言があります。是非ご一読を。


続きを読む

2008.06.21 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

ポピーの刺繍 その後

展示会に出すものの準備でちくちくしてて

刺繍からすっかり遠のいていました。

 

庭のポピーはまだときどき思い出したように咲いています。

でももう栄養がないのね。小さい花しか咲かないわー

春に植えたポピーはちっとも大きくならないし。。

 

ポピーの刺繍はただいま金糸で囲み中です。

147
そろってない針目もこれで隠せる便利物です。

 ふつう2本どりですが、硬い雰囲気にならないよう

1本どりでやってます。

 

展示会の様子、パワー全開でポジャギ道を驀進する

Yangja房でご紹介いただきました。

えー?!たったこれだけしか展示物ないの?って。

はい。ありませんm(_ _)m  時間がかかるもんで。

2008.06.17 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

あじさい

近所の公園で

141
数年前からなぜかをせっせと植えているそうです。

(あじさいを植えるのが流行っているのかしら?)

 普段静かな公園ですがこの時期だけにぎやかです。

146142144
143145
色々な品種があるんですね

 

 

  あじさいをイメージした

4,5年前のみかんチョガッポを今回片付けました。

139

(写真撮るの難しいわ)

138
透ける生地に刺繍を、というリクエストにお答えして

やってみました。

裏から見てもいいように針の動きに気を使いました。

140136

(裏)

 

 

ところで・・・
↓縦の縫い目は細かくて見えないでしょう?

韓国へ行く前につないであったパーツです。

137
いっぽう横は。。。

今回縫った部分。違いが明らか

老化現象ね。。

2008.06.14 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 未分類

ポプリの刺繍

後回しにしていて

ぎりぎりになって間に合うのか

心配だったガメラ

132

いえ、香嚢ヒャンナン(早い話ポプリね)

 

紐が・・・

133

あ、太すぎた。

なんかぐちょぐちょにからまってるみたい。

作り直し。

130

紐を組み組みするつもりが・・・

 

 根性なくここだけ。

135

他は1色なので縒っただけ。

メドゥップ屋さんに頼んで作ってもらうこともできるのですが。。

友達が「刺繍が未熟なのに、紐だけ立派だと不釣合い」だというので

下手は下手なりに自力で。まぁ、自分で見てもかなりひどいと思うけどね。

134

記憶のよい方は見覚えあるでしょうか?

この水色ね。

昨年育った藍ちゃんで染めた糸です。

 

糸を縒るのもね、細くするのはやさしいけど

太くするのは肉体労働よ。

縄を縒るのと同じだから。

普段針より重いもの持たない手だから(うそ)

指が指が・・ 

 

片方に8色。表側と裏側で16本。

両サイドにあるので合計32本縒り縒りしました。

131

ふぅ。なんとか間に合った。

10日(火)に搬入して来ました。

たくさんあると思ってたけど、並べてみると案外少なかったわ。

 

展示会 本日12日(木)からです。

どうぞよろしくお願いします。

2008.06.12 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

銀の虎と金の鶴


裏打ちだけして持ち帰った

ヒュンベ(胸背)を額装してもらいました。

胸と背につける階級を表すワッペン。虎(図章は豹)が武官、鶴が文官

 

 

 刺繍を金属のフレームに入れるのは・・・

と先入観があったのですが

ん? これは?

このヒュンベのためにあるフレームではないの?

と思える規格品があったので

即決bikkuri01

112   

114

 

鶴は一回り小さいです。

写真ではよく見えませんが、

マットも赤みがかったゴールドですキラキラ

 

 規格品なのでオーダーよりぐっと安い。

紫外線防止アクリル板に500円追加で交換してもらいました。

色白の虎と鶴にはお肌の大敵だからね。

 

 

駄作も立派に見えるから

ミラクルだわ

 

2008.06.10 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 未分類

おこちゃまベルト

88 

5色の布にちいさなちいさな刺繍。

トゥルチュモニ(丸い巾着)を作ることにしました。

(1日体験教室でやるトゥルチュモニよりちいさいの)

91

 

韓国で額装に出したら・・・

とんでもないことになってたトルッティ(小児帯)。

126

全額返金してもらい

自分でぺジョブ(背接 裏打ち)だけして持ち帰ってました。

トル(1歳の誕生日祝)ティ(帯)↓  

92

 青い帯は男の子、赤い帯が女の子なんだけど、この子は。。。。

 十長生シップチャンセン

=松、竹、不老草、鶴、亀、鹿、日、雲、岩、波

という韓国特有の10個の長寿の図章が入っていて

枕ペゲモにも入ってます)

いかにも韓国!なんですが

なじみない方には帯だけだと

何だこりゃ?かなと思って

巾着を追加することで「らしく」してみました。

93

写真じゃわかりにくいですが、まーるいフォルムのフレームなの。

メーカーに在庫無いと断られたそうだけど

無理に頼みこんで取り寄せて作ってくれました。

内側の白い布はお店のですが好きな布の持込可だそうです。

2008.06.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

和綴じ 製本

先月 奈良万紀子先生

和綴じの1日教室へ行ってきました。

この日は麻の葉綴じでした。

94

95

表紙と見返しの紙を当日お店で選ぶのですが

ついつい馴染みのある

雲と波模様を手に取ってしまいました。

他に角布と綴じ糸もお店で選んで買うところ、

せこい私は刺繍糸を持参しました。

 

韓国刺繍とどういう関係よ?って

賢愚経の表紙と裏表紙を刺したものを

製本しなくっちゃ、ということです。

 (どうも私の悪い癖で完成したときにブログに写真を上げ忘れちゃうんですね。)

  

一般的な四つ目綴じは呼び方が違うだけで

中国、韓国、日本共通だと読んだことがあるので

じゃー日本で教えてもらっても同じよね?

 

1日教室をやってみて、とても自分では無理なら

 先生にお願いしちゃおうという下心で行ったのです。

先生に相談してみると

三方を囲んでいるのは初めてとか。

113

(↑これは遺物)

「小口(背じゃない方ね)に枠がないから広がりがあるのね~♪」

はぁ。考えたことなかった。プロは着目点が違うのね。

「やっとことないから何回かやってみないとわからないけど」

「私がやるならこうしてああして・・・・・・・・・」

んー。複雑そうな工程で。。

きっと最高のものを、と考えてくださってのことなんだと思うけど

日にちが迫っているのに色々試してみないとわからないものを

急がせてやっていただくのは申し訳ない。

最高の製本は最高の刺繍が刺せた時として(いつだ?)

結局教えていただいたことに、追加のアドバイスをいただいて

自力でなんとかしようと。

 

「紙のカットだけは製本屋さんのカッターで切ってもらってね」

と言われたのに製本屋に行ってる余裕がなく

自分でカットしたらやっぱしガタガタになっちゃった。

先生ごめんなさい。

122

おもて表紙
123
裏表紙

          (↑綴じ穴の位置ずれてるし・・・)        

 

 三方を囲んでいるのは遺物では布に見えるのですが。。

刺繍の先生が油紙(オンドルの床に貼る松脂の紙)がいいんじゃない

と言ってました。

でも韓国から買って帰るのを忘れたので

柿渋染めの紙を選びました。

高いのは1万円以上!

ひぇーーっ

もちろん私が買ったのは0が一つ少ないです。

(それでも高い!)

ま、仕上がりはともかく、人様に見ていただける形になりました。

 

一応 展示会の目玉のひとつ。

よろしければ実物を見にお運びくださいませ。

2008.06.04 | | コメント(10) | トラックバック(0) | 未分類

京都の展示

be京都での「和室deお稽古展」

本日6月1日(日)まで。

見にいらしてくださったみなさま

ありがとうございました。

 

 こんな素適なギャラリーがあるなんて!

と、みなさまおっしゃってましたね。

  

和にこだわらずジャンルを超えた

様々な展示やイベントが盛りだくさんなので

もっともっと多くの方々に知ってもらいたいところですね

(内緒にしておきたい気持ちもあるけれど)

 

ここで行われているお教室は18種類

 どのお教室も素適な展示をされていました。

あーこれ習いたい!あれもやってみたい!

京都に引っ越すか?^^

 

  

拙作は搬入に行けなかったので

館長さまが2F中央にセンスよく展示くださいました。

ライティングも一流美術館みたいなのbikkuri01

プロは違うわね~

127

他で韓国刺繍をなさっている方も

お運びくださいました。

立派な先生に習っていらっしゃるそうで、

拙作はお恥ずかしい限りですが^^;

韓国刺繍をする方が増えて

お仲間の和が広がると嬉しいですねふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

 

 

 

 

おまけ。

少し早めに京都に着いて

うぷ。柿安のランチに行きました

     129
128

いろいろなお料理が一口ずつ味わえるように

お皿に仕切りがついてるのがいいですね

 

2008.06.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています