菩薩の顔

お盆休みも終わり
連日の局所的豪雨は終わりが見えませんね

うちのボロ屋も天井2箇所からバケツをひっくり返したように雨水がどど〜
大量の服地が水没。
完成系の服や着物、そして刺繍に関するもの無事だったのが幸いでしょうか

白多羅菩薩
20170815205423f94.jpeg
この写真をアップしたのが なんと!2011年11月24日!
身光を刺しかけたのですが 全体が赤すぎて… 解いてそれっきりになっていました

久しぶりに出してきて、埋まってなかったところ、ライン取りしてなかったところを刺して
その勢いで完成まで行きそうな勢いだったのですが
201708152054461da.jpeg
顔でつまづきました
ベースを全解き

白多羅菩薩は女性なのですが、
指が。。自分の手を見ながら刺しているとボッテリしてしまって。
(あ。私も女性ですけどね。指が太いんです。)
もうちょっと繊細で優雅な感じにしたいので 手も解いて刺し直すつもりです

解いた身光もどうするか悩んでるので
完成はまだ先になりそうです

2017.08.15 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 未分類

夏の刺繍

豪雨は困るけど雨が降らないと。。
栽培植物はすぐヘタレ

一方雑草は ライバルが倒れていく中 ここぞ!と大繁殖です
20170716193128e57.jpeg

金糸続きだったので 絹の色糸 刺したい病 発症
これ↓も何年ほったらかしだか。。
20170716193130434.jpeg

治ったらまた金糸に戻ります

2017.07.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

キラキラ雲 終了です

ここのところ局地的豪雨が酷いですね
雲のできるメカニズムってどうなんだったっけ?
なぜ雲の形はいろいろあるの?
なぜ雨が降るの?
なぜ、雷はゴロゴロ言うの?
なぜ光るの?
雷が落ちるってどういうこと?
・・・・・・ 等々
子供のときの素朴な疑問って 実は複雑で 難解なことを理解して初めてわかる
ってことがあるんだなーと最近思います
大人が質問に答えてくれなかった理由が今はわかりますね

雲に金糸をつけました
201707142234570fe.jpeg

このキラキラ感というかギラギラ感。
下手な写真から伝わりますでしょうか?
20170714223526b51.jpeg

豪雨による被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます

2017.07.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

7月1日

暑い日が続いております
今年半分折り返してしまいました
みなさまお元気でいらしゃいますでしょうか?

危うくパスワード忘れて入れないところでした

半年の間に完成したもの(?)
2017070122394564a.jpeg
こちらは、下の記事(元日でしたね)に金糸がついたもので
1月末を目標にしたものの、終わったのが2月末。
額装したいと思ってます
(額装してないから完成したと言わないか?)

20170701223947972.jpeg
こちらは数年前に「死ぬまでに作って」とご依頼いただいたものです。
完成にはまだ少し。
クン(紐)を付けるポジャギになるのですが、そのクンに刺す言葉がお決まりにならないようで。。。
お待ちしています m(__)m


はい。そしてこれが現在進行形
20170701225046a33.jpeg
色糸の刺繍部分はかなり前に終わっていたのですが
金糸をチマチマ付けています
足掛け10年かかってます
年内に もう一つカタをつけたいところです

とりあえず生きてます。という報告です

2017.07.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

謹賀新年

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします
2017010316190602a.jpeg
一応 四隅に鳥さんいます

昨年はブログの更新がかなり滞りご心配おかけしました

ここをご訪問くださるみなさま、
オフラインでお目にかかりましたみなさま
昨年も大変お世話になりありがとうございました

今年ものんびりペースですがどうぞよろしくお願いいたします

上の画像はまだ完成でなく、ほぼ折り返し地点です。
できれば今日中に茎を3重にしてから、(ここで折り返し)
金糸で周りを囲みます(これが時間かかるのね。生地が黄色だし。。)


折り返し地点までは12月中にと思ったのですが
201701031619097ea.jpeg
ここで除夜の鐘。

実は 大晦日にネット繋がらず!
どこをどうチェックしても問題が見つからない!
分配線やらセットトップボックスやらチェックして数時間を無駄にしました

で、これが昨日までに刺したところ
201701031619089b1.jpeg
生地の色はこれが一番実物に近いです

刺したいものは次から次へと出てきますが、
今年はじっくりミカンの仕上げに専念したいと思っています

2017.01.03 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

お問い合わせ等のメールはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件名:
本文:

このメールボックスからメールが、送れない方は nanahwaja☆yahoo.co.jp (☆をあっとまーくにかえて) ご連絡くださいませ

プロフィール

なな

Author:なな
2004~韓国で伝統刺繍を学ぶ
2007 国家技術資格「刺繍技能士(手刺繍)」取得(外人初)
2008 帰国
3月 韓国伝統刺繍教室を始める
5月 合同展@be-京都『和室deお稽古展』
6-7月 個展@名古屋 守山デンタルクリニックギャラリー
11月 個展@東京 目白 花よろずカフェギャラリー
2010
3月 韓国刺繍展@岐阜
2012
3月 韓国伝統刺繍展@東京 馬喰町アート+イート
2015
4-5月 重要無形文化財第80号 ハンサンス刺繍匠 企画展
「실의 미학(糸の美学」@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
6ー7月 「繭から花を咲かせる」伝統刺繍の遺物復元及び応用
@ソウル 重要無形文化財伝授会館
参加
2016
6月 東國大学社会教育院 韓国刺繍最高指導者課程修了
9月 国際ポジャギフォーラム 参加

教室

名古屋 第1土曜日
東京 第4土曜日

月別アーカイブ

リンク

赤坂 韓国料理 張家

張家 張家
店内に作品を飾っていただいています